仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

ゆうちょpayとは:ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済アプリ!

おつです、てとりすです。今回はゆうちょ銀行が提供するゆうちょpayを紹介します。ゆうちょ銀行は利用者数が日本トップクラス通常貯金口座数は1億2000万)ということもあり、スマホ決済サービスへの参入は話題になりました。

三大スマホ決済サービス:ペイペイ・LINE PAY・楽天ペイと比較すると還元率やキャンペーンで劣る点はある(※2/12までの情報を元に比較)ものの、普段使いするユーザーは多くなることが見込めるので社会的なインパクトは考えられます。

現在は加盟店舗も未発表なため謎が多いサービス。しかし、母体の規模が大きいため化ける可能性も充分にあります。

ゆうちょpayとは:ゆうちょ銀行が提供するスマホ決済サービス

大きく話題に取り上げられたのが18年5月頃でしたがローンチ延期(19年2月⇒19年5月)の影響もあり、今はそれほど目立っていないです。

僕も普段はスマホ決済派ですが、現金と比較すると5-10秒ほど時短できている感覚です。クレカみたいに面倒な署名もありません。使ってみると分かるのですが、意外なほど快適です。

ゆうちょpay:公式が紹介している"4つの魅力"を検討

ゆうちょpayの公式サイトに飛ぶと"4つの魅力"が紹介されています。他サービスと比較しつつ検討してみましょう。

f:id:tetrisotoko777:20190212110407p:plain
  1. スマホで簡単決済:QRで読み取るだけ
  2. 審査不要・年齢制限なし
  3. 口座から即時引き落とし
  4. 自由に利用限度額を設定

スマホ決済の方が現金決済よりも明らかに手軽なので、ゆうちょユーザーのキャッシュレス化は加速していくと考えられます。クレカと違い即時引き落としなため残高も分かりやすい。

特徴的な点が”自由に利用限度額を設定”できるところで最大200万円/日まで引き上げられるところ。利用制限回数の記載も無いです。

ペイペイの銀行連携の場合こそ上限無しですが、LINE PAYや楽天PAYと比較すると優位性があります。

f:id:tetrisotoko777:20190212002719p:plain

現状、ペイペイの利用シーンはそこまで広くないためゆうちょpayの加盟店次第では広く使われるようになっても不思議ではないです。

●ゆうちょpayからクーポンが発行される可能性も

ゆうちょpayがローンチしてしばらく経過した際に追記する予定ですが、ゆうちょpayからクーポンが発行される可能性は充分あります。そうなるとorigami payやペイペイのようにクーポン目的でスマホに入れておくメリットがある。

まず、ゆうちょpayはGMOが提供する"銀行pay"のOEMです。

  • OEM:他社ブランドの製品を製造すること

GMO payment gatewayの公式サイトをみてみると、銀行payの名簿の中にゆうちょpayもあります。

f:id:tetrisotoko777:20190212113750p:plain

公式サイトの"加盟店向けアプリ"を見てみるとリピート促進としてクーポンやスタンプの発行と記述されています。

f:id:tetrisotoko777:20190212113910p:plain

実際、どのように運用されるかは正式ローンチをみないと不明ですが意外とお得感の高いサービスになる予感もあります。

加盟店側は専用端末を用意する必要なく、アプリをダウンロードするだけでゆうちょpayが利用できます。決済手数料が未定ですが、安ければクレカ端末設置よりも利便性は高くなります。

●2/12現在:還元率が高いスマホ決済サービス4選

【関連】楽天ペイとは:評価が非常に高くポイントが貯まりやすいアプリ|楽天カードとの連携がおすすめです - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

【関連】LINE PAYとは?QR・オンライン決済と個人間送金が出来ます:ポイント還元率がトップクラス! - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

【関連】ペイペイとは:キャンペーン豪華な決済アプリで利用者急増中!使い方と評判・口コミを紹介 - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

【関連】【スゴ技】kyashとは:2%の高還元率スマホ決済サービスアプリ|機能と使い方、メリット/デメリット・評判を紹介 - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

ゆうちょpayとゆうちょpay-easyは違います

ゆうちょ銀行には以前からゆうちょpay-easyが設置されていますが、今回のゆうちょpayとは別物です。

pay-easyは"ペイジーマーク"のついている各種料金を支払うことが出来るマルチペイメントサービスインターネットバンキング・モバイルバンキング・ATMから数字を入力することで決済を行うサービス。

▼ペイジーマーク。ゆうちょ銀行以外でも様々な場所で見かけます。

f:id:tetrisotoko777:20190212115320j:plain

 ペイジーは公共料金・税金の支払いなどにも使えるため利便性が高いです。

まとめ:ゆうちょpayは規模が大きく期待できます

今後、ゆうちょpayアプリがローンチされて評判が集まれば追記していきます。現時点での情報から見てもゆうちょpayは期待が持てるサービス

ゆうちょ銀行の利用人数が多い(通常貯金口座数は1億2000万)ため、ゆうちょpayが一般化されるとキャッシュレス化は大きく進むでしょう。

また、GMOの公式サイトを見てみるとクーポン発行も充分考えられます。利用側のメリットが大きいサービスになりそうです。

加盟店舗側も端末設置の必要が無く、導入が簡単で「ゆうちょ」のネームバリューもあるため利用する店舗も多くなることが見込めるのでは。

ペイペイ・LINE PAY・楽天ペイと比較すると注目度こそ高くないですが、期待値は高いのでローンチが楽しみです。

▼合わせてどうぞ

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

高還元率カード

高還元率×永年無料×利用シーンの広いカード。スマホ決済アプリと合わせて使うことをおすすめします。

  • 登録だけで4000円相当
  • 業界トップレベルの還元率1%
  • 開設費/年会費0円
【公式】Yahoo! JAPANカード
  • ポイント貯まりやすさ最高
  • 業界トップレベルの還元率1%
  • 開設費/年会費0円
【公式】楽天カード