仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

$BEAMと$GRINが購入できる取引所は?両方ともbitforexで買えます。無料&KYC不要で取引所順位20位

おつです、てとりすです。今回はMimble Wimbleで注目を集めている$BEAMと$GRINを両方とも購入できる取引所を紹介します。

bitforexは「どちらか片方」ではなく両方とも扱っており、また取引所順位も高い(20位)ため流動性も期待出来ます。

他の取引所と同様、無料ですしKYC(本人確認:パスポート提出など)必要ないのですぐに取引出来ます。

【公式】bitforexの口座開設に進む

Mimble Wimbleは匿名性とスケーラビリティを兼ね備えた期待値の高い機能です。$BEAMと$GRINは代表銘柄。

匿名通貨の$BEAMと$GRIN:期待されてる理由は機密性とスケーラビリティの両立

有名クリプトラーのRYUさんの記事をはじめ、日本でも注目度が増している$BEAMと$GRIN。背景には他の匿名通貨が達成し得なかった機密性とスケーラビリティの両立があります。RYUさんはgame changerと表現してますね。

『機密性』とはアクセスが許可された者にアクセスが出来るようにするもの。$BEAMと$GRINでは"匿名性"よりも"機密性"という表現がされています。

●主要アルト:ライトコイン(LTC)との提携

19年2月9日にライトコインが30%超の急騰をしたのですが背景には$beamとの提携があります。LTCの急騰も衝撃ですが、それ以上にメインネットが公開されたばかりの$beamが市場に大きな影響を与えている点に驚きました。

開発者のCharlie Lee氏は2011年から仮想通貨に参入している先見の明を持つ方です。今回の$Beamとの提携も非常に意味深

▼氏の固定ツイートには次の戦場は「代用性」「匿名性」と記載されています。

では、値動きも含めても少し詳しく$BEAMと$GRINをみてみましょう。

 $BEAMとGRINの基本情報と値動き

どちらもMWを実装している点で共通点がありますが、$BEAMは価値保存$GRINは実利用という点で競合関係にはありません。WMのインパクトから似通った印象を受けますがスタンスは大きく異なります。

●BEAM

  • 総発行枚数:263,000,000
  • ICO価格:無し

$BEAMはNO ICO銘柄プレマインもありません(これは$GRINも同様)。一方で$GRINと違い出資者は多いです。

▼2/11現在の値動き(4h)。bitforexのBEAM/USDT。

f:id:tetrisotoko777:20190211012358p:plain

▼CMCの価格情報

 

●GRIN

  • 総発行枚数:無限
  • ICO価格:無し

まず注目すべき点は総発行枚数が"無限"ということ。$GRINは実際に広く利用されることを想定しているため発行枚数の制限を無くしています。

面白い点は寄付(≠出資)で集まった資金を元に開発をしていることです。他のビジネスありきのコインとスタンスが異なります。

 ▼2/11現在の値動き(4h)。bitforexのGRIN/USDT。

f:id:tetrisotoko777:20190211013535p:plain

 ▼CMCの価格情報

 

短期・中期の値動きはともかく、長期投資は$BEAMの方が向いている印象です。 $BEAMは開発に熱心です。

公式HPのFAQで「GRINの開発に加わらなかった理由」に「私たちは文字どおりお金を稼いでいるので実績のある保守的なアプローチ(開発言語C++)を選んだ(だからビジネスと離れているGRINと手を組まなかった)」と答えているため、投資家にとってもリターンが大きいのは$BEAMの方だと考えられます。

▼原文

Q:If you are so pro Mimblewimble, why didn’t you join Grin?

A:We believe that rapid innovation is best achieved in a startup model, where people are 100% focused on the project and are working on it literally 24/7. Also, we feel that some of the technical decisions made by Grin team are less practical and use more “cutting-edge” technology. Since we are literally building money, we chose a more conservative approach and decided to use more proven technologies instead - that’s why we chose C++ and not Rust, Equihash and not Cuckoo Cycle, etc. That said, we have immense respect for Grin team and wish them success. We are all working towards the same goal - bringing financial privacy back to people and making cryptocurrency more usable in the real world applications.

BEAMとGRINが購入できるbiforexの登録方法

では、biforexの登録方法を紹介します。BINANCE等に登録したことある方は飽きているレベルだと思います笑。

まず、公式サイトを下にスクロールすると[Sign UP]画面が出てきます。ここにメールアドレスを入力。

f:id:tetrisotoko777:20190211014122p:plain

次に、メールアドレスとパスワード設定画面が出てきます。パスワードは大文字・小文字・数字を1つずつ入れる必要があります。

f:id:tetrisotoko777:20190211014255p:plain

[send]をクリックしてメールアドレスに届いたコード(数字)を入力。そして[Sign Up]をクリックして完了です。

f:id:tetrisotoko777:20190211014405p:plain

登録が完了するとCongratulationが表示されます。

▼こちらからどうぞ。

【公式】bitforexの口座開設に進む

 

▼日本円に換金するための国内取引所はGMOコインがおすすめです。

【公式】GMOインターネットグループの【GMOコイン】