仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

楽天ペイとは:評価が非常に高くポイントが貯まりやすいアプリ|楽天カードとの連携がおすすめです

おつです、てとりすです。今回は僕も普段から使っている楽天ペイを紹介します。itmediaの記事によると楽天ペイの利用者数が1番多いとのこと。

▼利用者数No.1 総合満足度No.1 ポイントの貯まりやすさNo.1

f:id:tetrisotoko777:20190214165522p:plain

LINE PAYやペイペイと比較するとキャンペーンこそ地味な印象がありますが、ポイントが貯まりやすいことと楽天ポイントの使い勝手が良いことから愛用しています。

1回1回の支払いは"ちまちま"していますが、これが3ヵ月~半年ほど立つと良い金額になってるんですよね。

さらに、楽天ペイは楽天カードと組み合わせることでポイントの二重取りが出来ます(工夫をすれば四重取りも)。楽天カード自体が高還元率が魅力なのでオススメカードの1つです。僕も大学に入ってまず作ったカードが楽天カードでした。

【公式】楽天カード

使い方や機能、メリット/デメリット、評判/口コミを紹介していきます。

楽天ペイとは:レジで爆速で決済&ポイントがざくざく貯まる仕組み

楽天ペイは18年末から注目を浴びているスマホ決済サービスアプリの1つ。お店でバーコードをかざすだけで決済が出来ます。

僕も普段スマホ決済ですが、現金決済と比較すると5秒-10秒ほど短縮されてる感覚。数字だけみるとあまり変わらない印象ですが意外なほど快適です。

パソコンを触ることが多い皆さんなら理解してくださると思いますが、PCが5秒-10秒早くなると快適さを感じますよね。それと同じ感覚です。

楽天ペイを使う前の準備:楽天IDと楽天カードを準備

まず、楽天ペイを使う前に楽天ID楽天カード(他のクレカでも可)を用意します。楽天カード以外のクレカでも問題ないですが、JCB未対応という点・単純に楽天カードの方がキャンペーン期間でお得になる点でオススメします。

楽天IDは楽天会員になることで無料で取得できます。リンクを載せておくので楽天IDを持っていない方は是非どうぞ。

【公式】楽天IDを無料で取得する

楽天カードは審査もゆるく永年無料です。高還元率の割に利用シーンも幅広いため僕も長く使っています。

【公式】楽天カード

楽天IDとカードを取得したら楽天ペイが使えます。楽天ペイは発行手数料・年会費無料です。

楽天ペイの支払い方法:3種類あるけどコード支払いが1番楽

楽天ペイの支払い方法は3種類[コード払い][QR読み取り][セルフ]あります。僕はコード払いしか利用していませんが、他の2種類は少々面倒。まずは一通り紹介します。

●コード払い

まずはコード払い。皆さんが考える「スマホ決済」の典型例ではないでしょうか。

f:id:tetrisotoko777:20190211173111p:plain

楽天ポイント・楽天キャッシュを設定する場合はアプリ内であらかじめ設定しておく必要こそあるものの、現金払いよりスムーズに決済できます。

●QR読み取り

コード支払いの反対で、お店側が用意したQRコードを読み取る支払い方法です。

f:id:tetrisotoko777:20190211175315p:plain

僕はまだ利用したことないですがお店側が楽になる決済システムですね。無人レジも普及しはじめているように、コード支払いよりもこっちが主流になっていくのかもしれません。

●セルフ読み取り

セルフ読み取りは自分で金額を入力して決済します。

f:id:tetrisotoko777:20190211175649p:plain

他の支払い方法が使えるなら、なるべくセルフは避けた方がいいです。金額を入力するのが地味に面倒くさい。

また、店舗でなくオンラインで利用する場合は楽天ID+パスワードの入力で完了します。クレカ情報を渡すことなく決済できるのはセキリュティの観点からみても安心。

楽天ペイアプリでの利用分のポイントバックは利用日から2-3日程度で付与されます。

●楽天ペイアプリの支払い上限とコンビニ特例

楽天ペイの支払い上限は1回あたり最大50万円。これは他の決済サービスと比較してもかなり高い額です。ただし50万円は楽天会員ダイヤモンドランクのみ

他のレギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナは最大3万円です。

ダイヤモンド会員の条件は意外と緩いです。ランクキープ条件も同じです。

  • 過去6ヵ月以内に4000ポイント以上を獲得
  • 30回以上ポイント獲得
  • 楽天カードを保有

また、月の利用上限は楽天ペイに登録している[クレカの利用可能額の範囲]に限定されます。他社サービスと比較すると緩いです。

f:id:tetrisotoko777:20190212002719p:plain

コンビニ利用のみ特例があります。支払い上限は1回あたり最大4000円1日利用可能額も最大4000円です。

楽天ペイ×楽天カードの併用で還元率1.5%:さらにポイントが貯まる方法も紹介

僕が楽天カードを普段から使っていることも要因ですが、楽天ペイ×楽天カードの併用は想像以上に貯まります。※楽天ペイが使えない場所では楽天カードのみ使用。

なんとなくで使っていたら気づけば8000ポイントを超えていましたキャンペーンも豊富なので上手に使ったら、さらに貯まります。

●楽天銀行口座を開設することでポイントUP

さらにポイントを引き上げる方法として、まず楽天銀行口座の開設が1つ。楽天カードと組み合わせて普通預金の金利が2倍+9ポイントが獲得できます。

また、楽天市場で買い物した際にポイントが+1倍付与

【公式】楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

もちろん口座開設費・年会費・維持手数料0円です。

●kyashとpontaを組み合わせて最大ポイント四重取り

そして、デビットカードアプリのkyashとpontaカードの組合せでポイントの四重取りが出来ます。

kyashは還元率2倍の決済サービスで楽天payとも紐づけ出来ます。更に楽天ペイ決済の際にpontaカードを提示するとポイント加算されます。

pontaの還元率は店によって変動があり、0.5-1.0%です。

楽天カード(1%)+kyash(2%)+楽天ペイ(0.5%)+ponta(0.5%)で4%まで還元率を引き上げることが出来ます。

▼kyashはこちらからダウンロードすることが出来ます。

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ
Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

※JCBカードとの連携は出来ない点に注意してください。

▼pontaカードを登録するならこちら。割と審査は甘めです。

【公式】pontaカード

以前、別の記事でkyashを詳しく解説したので関連記事として紹介しておきます。

【関連】【スゴ技】kyashとは:2%の高還元率スマホ決済サービスアプリ|機能と使い方、メリット/デメリット・評判を紹介 - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

●楽天ペイと楽天Edy:3月に統合

楽天の決済サービスは楽天ペイだけでなく楽天Edyもあります。こちらもクレカ・現金からチャージする決済サービス。一時期流行ったおサイフケータイの1種ですね。

この2つの違いですが…実のところほとんどありません。というか加盟店舗で判断すると楽天Edyの方がむしろ多い・・・

▼2つのサービスを簡単に並べました。還元率も同じ0.5%

f:id:tetrisotoko777:20190213190116p:plain

楽天edyの"決済方法"felicaスマホをタッチするだけで決済処理されるサービスです。2/13に発表されたメルペイが同様の機能iDを導入しました。

冷静に見てみると、バーコード決済よりfelicaあるいはiD決済の方が楽なんですよね。まぁ、kyashの2%上乗せが出来ないデメリットはありますが。

この楽天ペイと楽天Edyですが3月に統合して「新・楽天ペイ」となるそうです。

www.itmedia.co.jp

楽天ペイの代表的な加盟店舗

楽天ペイが使える代表的な加盟店舗。コンビニが4つも対応しているのは便利が良いです。他にも多くの加盟店舗がありますが、それらは位置情報サービスを使って検索します。

●コンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ

●飲食店

  • 白木屋
  • 魚民
  • 笑笑
  • 山内農場
  • 千年の宴
  • 和民
  • ミライザカ
  • はなの華
  • ピザーラ
  • 忍宴

●アパレル

  • AOKI
  • Right-ON
  • Step
  • ANAP
  • はるやま
  • Mac-House

●その他

  • アート引っ越しセンター
  • メガネスーパー
  • 自由空間

楽天ペイのメリット・デメリット:ポイントが貯まりやすいが楽天ペイを使う場が少ない

僕も普段使っているのですが、あまりデメリットらしいところって無いんですよね。正直、楽天ペイが使えなかったら楽天カードのポイントで支払いしますし。

ただ、強いて挙げるとするならば「楽天ペイが使える場が少ない」のはデメリットと言えるでしょう。1%と1.5%の差は積み重なると大きい。

楽天ペイのメリット:

  • ポイントが貯まりやすい
  • レジの決済が非常に速い
  • コンビニで使えるキャンペーンが多い
  • 楽天ペイのみで様々な店舗に対応

楽天ペイのデメリット:

  • 使える店が多くない
  • 店舗側に決済手数料(3%ほど)発生

ただ、楽天ペイが使える範囲は他サービスと比較しても広い方です。あまりデメリットに挙げるのは適切でない気もします。

店舗側にとっても楽天ペイの導入メリットは大きい。というのも楽天ペイを導入するだけで様々な決済サービスに対応できます。ペイペイやLINE PAYには無い大きなメリット。

▼楽天ペイ クレジットカードは主要6社に対応

f:id:tetrisotoko777:20190214003458p:plain

▼楽天ペイ 電子マネーも主要ブランドは網羅しています

f:id:tetrisotoko777:20190214003708p:plain

他サービス(ペイペイ・LINE PAY)に劣る点として店舗側に決済手数料が発生(3.24%-3.74%)します。ペイペイとLINE PAYは3年間無料キャンペーンを行っているので、そこは差別化されています。

●国内三大スマホ決済サービスアプリを比較

今回は楽天ペイをテーマにしているので、他の国内で主要なスマホ決済サービスアプリ(ペイペイ・LINE PAY)を比較してみます。

▼ペイペイ・LINE PAY・楽天ペイを比較した表となります

f:id:tetrisotoko777:20190214005310p:plain

どの決済サービスも年会費・発行手数料は0円。が、このように還元率に大きな差異があります。つまりLINE PAYが1番優秀…という訳でもなくキャンペーン等で各社変動します。

LINE PAYの還元率が凄いのは3%-5%の高い率が19年7月まで継続するところ。19年7月以降は0.5%-3%。

ちなみに、ペイペイと楽天ペイはクレカ+kyashを合わせると3.5%まで引き上げられます。LINE PAYはクレカ決済が出来ないのでポイントの多重取りには不向き。

ポイント期限、ペイペイとLINE PAYは"変動後"と記載されていますが、楽天ペイ(楽天ポイント)の場合は"獲得後"と記載されています。

楽天ポイントも、楽天ペイを使うだけで入ってくるためニュアンスは同じです。

ペイペイとLINE PAYは個人間送金が出来る一方で、楽天ペイは個人間送金機能はありません。今後、楽天ペイも個人間送金機能を導入する予定とのこと。

僕は楽天ペイをメインに使っていますが、

  • クレカ不要で単体での高還元率欲しい⇒ラインペイ
  • 豪華なキャンペーンに参加したい⇒ペイペイ
  • 利用シーンの広い楽天ポイントを貯めたい⇒楽天ペイ

このように使い分けると良いと考えています。ペイペイが20%OFFを始めたら即乗り換えますし・・・笑。

【関連】クレカ⇒kyash⇒ペイペイのポイント三重取りは本当に得?楽天ペイの方が使い勝手良いです - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

●1000円貰えるスタートキャンペーンがお得

楽天ペイが初めての利用で1000円貰えるスタートキャンペーンを行っています。条件は①アプリ内からエントリーすること②エントリーした月で5400円以上の買い物をすることです。

f:id:tetrisotoko777:20190214170246p:plain

楽天ペイはコンビニなど普段使いする店でも多く対応しているので、意識して使わなくても5400円以上は達成すると思います。

楽天ペイの評判:良い点と悪い点をgoogleとitunesの口コミから紹介

では、楽天ペイの客観的な意見をみてみましょう。なるべくサクラっぽくない口コミを抜粋しました。

Google評価は★4.2 itunes評価は★4.6と非常に高い。コメント欄も好意的な意見が大半を占めています。かなり優秀ですね。

【楽天ペイの良い点】

●ユーザー1:

初めてコンビニで使ってみましたが、すごく楽に決済できました。 クレカ決済だとパスワードやサインが必要でめんどくさいが、これなら気軽に使える。 それにクレカ決済になるのでポイントも溜まってお得です

●ユーザー2:

期間固定ポイントの消化、楽天キャッシュの利用など使いやすいです!ただ、一つ付け加えてほしい機能として、例えば108円(税込み)や、1080円(税込み)などの、100円未満の端数が出る場合に限り、その分だけ自動で計算し、指定したポイントを充てたりできるとなお良いです。今後に期待しています

【楽天ペイの悪い点】

●ユーザー1:

保有ポイントの表示などなくしてシンプルにバーコードのみの画面がほしい。 ポイント数が丸見えの画面を店員さんに見せるのは抵抗がある。楽天ポイントカードのランク表示も止めてほしい。なんの意味があるのか不明。 使い勝手は普通に良いので不満

●ユーザー2:

一日の限度額が4000円は低過ぎます。 そして、ファミマカードを財布から出して、スマホのアプリを開いてと… ちょっと面倒な気がしました。 いつも買い物してる、平和堂ではEdy しか使えないし…(>ω<)

好意的な反応が大半を占めており否定的な意見を見つけるのが難しいくらいでした。僕自身も普段利用するくらいにサービスに満足しています。

まとめ:楽天ペイはポイントが貯まりやすく満足度が高いサービス

楽天ペイはLINE PAYやペイペイのような派手なキャンペーンこそ無いですが、悪いところが無く利用しやすいサービスです。ポイントも貯まりやすい。

実際に楽天ペイを利用する際には楽天カードと連携することをオススメします。kyashやpontaの連携は面倒ですが楽天カードとの連携は簡単です。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

●楽天カード

【公式】楽天カード

▼合わせてどうぞ

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

高還元率カード

高還元率×永年無料×利用シーンの広いカード。スマホ決済アプリと合わせて使うことをおすすめします。

  • 登録だけで4000円相当
  • 業界トップレベルの還元率1%
  • 開設費/年会費0円
【公式】Yahoo! JAPANカード
  • ポイント貯まりやすさ最高
  • 業界トップレベルの還元率1%
  • 開設費/年会費0円
【公式】楽天カード