仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

LINE Payの【Payトク】は毎月開催される高還元キャンペーン!使い方と注意点を紹介

おつです、てとりすです。今回はLINE PAY毎月開催されているPAYトクを紹介します。ちょうどペイペイキャンペーンとかぶせて発表されました。バチバチやってますね。

そもそもLINE PAY自体が還元率が3.5%-5%主要3社でトップ。さらにPAYトクキャンペーン中は20%上乗せされるわけです。これは参加しない手が無いと思います。

▼主要3社とLINE PAYの還元率を比較。19年7月までは3%上乗せされていますが、それ以降は解除されます

f:id:tetrisotoko777:20190215223752p:plain

スマホ決済サービス、戦争のように各社バトってますけど単体の還元率はLINE PAY一強はしばらく続きそう

LINE PAYの『Payトク』キャンペーン:毎月開催されてお得すぎる!

PAYトクはLINE PAYの支払いキャンペーンです。驚くべきは20%還元ということ。かなりPayPayを意識していますね。

開催期間は基本的に月末に行われます。ちなみに2月は22日-28日。

他サービスみたいに[エントリ登録]などメンドクサイ手順は必要無し。LINE PAYさえ持っていればすぐに参加することが出来ます。

●マイカラー制度・コード支払い督促キャンペーンと合わせて大量ポイント

このPAYトクキャンペーンはマイカラー/コード支払い督促キャンペーンとポイントが合算されます。この2つのキャンペーンはこちら。

▼支払い金額によってランクが上がります。LINE PAYを普段利用すればレッドくらいなら到達すると思います

f:id:tetrisotoko777:20190214203055p:plain

普段の還元率と大きく関係するマイカラー制度について説明します。マイカラーは"月々の利用状況"によって変動します。

  • 《グリーン》決済金額:10万円/月
  • 《ブルー》決済金額:5万円~9万9999円/月
  • 《レッド》決済金額:1万円~4万9999円/月
  • 《ホワイト》決済金額:0円~9999円/月

LINE PAYに登録するだけで《ホワイト》は付与されます。キャンペーン期間中は3.5%のポイントバックは保証されています。

このカラー判定は、[前月末までの1ヵ月分の実績]を集計・判定し毎月1日午前10時に更新されます。PAYトクキャンペーンと合わせると最大25%の還元率になります。圧倒的ですよね。

●PAYトクキャンペーンの対象加盟店舗例

最近はLINE PAYの対応店舗も拡大中です。少し前に比べてかなり便利になりました。PAYトク公式サイトに掲載されていた代表加盟店舗例を紹介(コード支払い4種+オンライン支払い1種+請求書支払い1種)します。

●コード支払い:コンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート

●コード支払い:ドラッグストア

  • welcia
  • サンドラッグ
  • ココカラファイン
  • AINZ TULPE
  • Tomod's
  • GENKY
  • アカカベ

●コード支払い:家電量販店

  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • Joshin

●コード支払い:飲食店

  • 松屋
  • 白木屋
  • 笑笑
  • 和民

●コード支払い:ファッション

  • Right-ON
  • Mac-House
  • メガネスーパー
  • メガネハウス

●オンライン支払い:

  • ラクマ
  • zozotown
  • 出前館
  • Joshin
  • honto
  • LINE TICKET
  • LINEデリマ
  • LINE GIFT

●請求書支払い:

  • 九州電力
  • TEPCO

コンビニや松屋といった普段使いする店でもLINE PAYが使えるのは便利。白木屋などの飲食店だとポイントが多く貯まることが期待できます。請求書払いは、使える場こそ少ないものの利用できるなら積極的に使っていきたいですね。

また、お酒・たばこなど一部商品はポイントバックの適用外です。キャンセル/返品された商品も当然適用外。

▼PAYトクキャンペーンの適用外例

f:id:tetrisotoko777:20190217003715p:plain

お酒・たばこ・書籍・チケットは気をつける必要はありますが、普段使いするのであれば概ね問題ないです。

●LINE PAY×ビックポイントの併用で還元率30%超

ビックカメラ最大8%の驚異的な還元率で、しかもLINE PAYにも対応しているため併用して使えます。しかもPAYトクキャンペーンと同時に使うのも問題ないです。PAYトクキャンペーンと組み合わせると最大33%(PAYトク20%+マイカラーレッド2%+コード支払い督促C3%)

もちろんLINE PAY決済+ビックカメラポイントカード提示で問題ないですが、更にLINEのSHOPPING GOを間に挟むと+0.5%還元ポイントが増えます

※ビックカメラポイントカード忘れに気を付けてください

▼SHOPPING GOを経由したLINE PAY支払いも簡単です

f:id:tetrisotoko777:20190217205028p:plain
f:id:tetrisotoko777:20190217205047p:plain

また、SHOPPING GOを経由してビックカメラNintendo Switchを購入すると最大2000LINEポイントがプレゼントされます。

Nintendo Swichのキャンペーン期間は2/12-2/20まで。もう、あまり日は無い(現在2/17)ですが気になる方は是非。

もちろんPAYトクキャンペーン以外でもLINE PAY×ビックカメラのコンボは使えます。普段でもLINE PAY5%+ビックポイント10%で最大15%となるのでとんでもない還元率です。SHOPPING GOを経由するとさらに0.5%増し

PAYトクキャンペーンの注意点4つ

さて、大変お得なPAYトクキャンペーンですが注意点が4つあります。

  1. 20%還元適用は5000円まで
  2. カード支払いは参加できない
  3. LINEポイント支払い分は適用外
  4. 支払いサイクルがやや遅い

まず、20%還元が適用されるのは5000円まで/期間という点。期間中のPAYトクキャンペーンの買い物は25000円以内に抑えておきましょう。

LINEカード支払いは参加できないことも注意点。 コード支払いよりもカードの方が加盟店舗が多いため使っている方もいると思います。

また、LINEポイント支払い分は適用外LINE PAY残高(≠ポイント)から支払いましょう。これは本当にうっかりやってしまいそうで怖いところ。

最後にLINEポイントの支払いサイクルの遅さLINEポイント付与はおよそ2か月後になります。ペイペイボーナスの場合は翌月なので、これはちょっと"難あり"ですね…。

スポンサードリンク
?

まとめ:PAYトクキャンペーンはメリットだらけ!使わないと損です

PAYトクキャンペーン注意点こそあるものの、20%還元を毎月開催するのは僕のような庶民にとって非常にありがたい。(なんなら毎日開催してほしい!!)

LINE PAYを普段使いしなくても恩恵を受けられるので、是非LINEを持っている皆さんはキャンペーン中だけでも使うことをオススメします。 

heiwa-tetris.hatenablog.com

スポンサードリンク
?