仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

クレカ⇒kyash⇒ペイペイのポイント三重取りは本当に得?楽天ペイの方が使い勝手良いです

おつです、てとりすです。今回はクレジットカード⇒Kyash⇒PayPayでポイントの三重取りをする方法を紹介します。割と有名な手法なので知ってる方も多いのでは。しかし、2/4のペイペイ改定により上限が5000円までに設定されてしまいました

これはペイペイの20%キャンペーンが終わった後も全然使えるので押さえておくことをオススメします。また、ペイペイキャンペーン外ならどうも楽天ペイの方が最大四重取りが出来るので、そちらも紹介します。

f:id:tetrisotoko777:20181212233900p:plain

それでは、ペイペイでポイント三重取りをする方法と楽天ペイを使った代案を紹介します。

クレカ⇒kyash⇒PayPay支払いでポイント三重取り

まず、”三重取りでどのくらい貯まるのか”を解説しつつ0ポイント還元(普通の現金払い)の場合と比較します。

●クレカ⇒kyash⇒PayPayでどれくらい貯まるの?

  • クレカ還元(高還元):1%
  • kyash:2%
  • PayPay:0.5%(キャンペーン中20%)

PayPayはキャンペーン中こそ20%ですが通常は0.5%です。このポイント三重取りをすると最大3.5%が貯まります。

仮に月2万円をペイペイ対応店で使うとしましょう。コンビニやらに使えるので意外と現実的にいくはず(600円/日×30=18000円)。

すると月2万円×0.035=700円/月が貯まることになります。ひと月の金額はショボイですが8840円/年です。

2年で16800円、3年目には26520円です。実は還元0の現金払いよりも結構良い金額が手元に残ります

※2/4追記】kyashとペイペイの組合せが改悪ペイペイは3Dセキュアによる本人認証をしていないカードの支払い上限が5000円になったのですが、kyashには3Dセキュア認証を導入していません。ペイペイにkyashを挟むと支払い上限5000円となります。

ペイペイ×三重取りはどうやるの?①kyashにクレカ登録⇒②PayPayにkyash登録

まずはkyashにクレカを登録します。なるべく高還元率のカードを登録することがポイント。ペイペイと組み合わせるならyahoo! Japanカード一択です。kyashとは関係なくペイペイキャンペーンに露骨に差が出ます

ペイペイ、確かにkyashとの組み合わせは使い勝手に難が出てきましたがキャンペーン期間中は使わないと損なレベルでコスパが高い。三重取りのコスパで切るのは勿体ないです。

【公式】Yahoo! JAPANカード

●yahoo! japanカードとキャンペーン

2/12から始まった第2弾100億円キャンペーンで、yahoo japanカードと他カードで明確に差を設けていました。前回と違い支払い方法により付与率が変動する点に注意。キャンペーン中はkyashを使わない方が得です・・・。

f:id:tetrisotoko777:20190214013913p:plain

今後も、他のカードだとキャンペーン時に差が付くことは充分考えられます。yahoo! japanカード自体、登録だけで4000円相当のTポイントが貰えるなどお得度が高いのでオススメです(永年無料)。

ただし、kyashはJCBに対応していないためmasterかvisaでカードを作成してください(いずれも無料)。

【公式】Yahoo! JAPANカード

kyashアプリをダウンロードするだけです。無料で使えるデビットカード。これ単体でも還元率2%と高いのが凄い。

ポイントは現金をkyashにチャージしないままにしておくこと。kyashに現金を入れないことで登録クレカから支払いが行われるようにするためです。

そしてPayPayアカウントにkyashを登録します。yahooマネー(yahooウォレット)から追加することが出来ます。

●ペイペイにクレカ支払いを設定する方法※同じ方法でkyashをペイペイに登録

ペイペイにクレカ登録して支払いに設定する方法を紹介していきます。この方法でkyashも登録します。公式HPに掲載されていた画像を使いつつ説明しますね。

f:id:tetrisotoko777:20190210215339p:plain

 

f:id:tetrisotoko777:20190210215716p:plain

f:id:tetrisotoko777:20190210220552p:plain

  • ①ホーム画面右下にある「アカウント」をタップします。
  • ②「お支払い方法の管理」をタップします。
  • ③「クレジットカードを追加」をタップします。
  • ④「Yahoo!ウォレットからインポート」または「クレジットカードの追加」をタップします。
  • ⑤-a 「Yahoo!ウォレットからインポート」の場合>インポートしたいクレジットカードを選択します。
  • ⑤-b 「クレジットカードの追加」の場合>クレジットカード情報をカメラで読み取る、または必要情報を入力し、「追加する」を選択します。
  • ⑥本人認証サービス(3Dセキュア)の本人確認用パスワードを入力すると、登録が完了します

●ペイペイとkyash連携時の注意点①:カード名義の問題

ところで、ペイペイとkyashを連携する際に2つ注意点があります。

ペイペイのキャッシュバック取消事案は複数報告されていますが、ペイペイとkyashを合わせた場合も実は怖い。

kyashのカード名義は一律でkyash memberとなります。個人名に変更することはできません。これがペイペイ利用規約の"本人名義の有効なカード"という条項に抵触する可能性があるのです。

  • PayPayウォレットにご登録いただくことができるクレジットカード会社(種類)および銀行口座は当社があらかじめ定めたものに限られ、ご本人名義である必要があります

ただし、現状SNSや知恵袋を見てもペイペイとkyashを噛ませて使っている人は多いです。ペイペイとkyash連携でのキャッシュバック取消はあくまで"例外的"なもの。

●ペイペイとkyash連携字の注意点②:支払い上限5000円

先ほども紹介しましたが、支払い上限が5000円/月だと普段利用には正直向かない。情報漏洩騒動も起こしたために規制を厳しくした流れと思いますが、利便性は悪くなりましたね。

【関連】クレジットカードご利用時の上限金額の変更について – PayPayからのお知らせ

www.paypay-corp.co.jp

また、kyashにも3Dセキュア(本人認証)機能が付いていない点は改善してほしいところ。通販サイトでは3Dセキュアを導入しているところも多く、kyashの利用シーンが狭まることに繋がっています。

クレカ⇒kyash⇒楽天ペイの方が得!支払い上限も3万円/月まで

ところで、kyashが対応しているのはペイペイだけでなく楽天ペイでも対応しています。2/4のペイペイ改悪もあり…正直、楽天ペイとの組合せの方が使いやすい

【関連】楽天ペイとは:評価が非常に高くポイントが貯まりやすいアプリ|楽天カードとの連携がおすすめです - 仮想空間の片隅に

heiwa-tetris.hatenablog.com

●kyashの対応決済サービス一覧

  • 楽天ペイ
  • ペイパル
  • Amazon
  • Amazonギフト券
  • モスカード
  • スターバックスカード
  • ドトールバリューカード
  • Yahoo!ウォレット
  • origami pay
  • ペイペイ

●最大四重取りが出来るkyash×楽天ペイ

お得なのがクレカ+kyash+楽天ペイ+pontaを組合わせることで最大四重取りが出来る点。還元率は4%まで上がります。

ただしpontaの利用シーンがそこまで広くないのが難点。ポイント四重取りはローソンメインで利用することになります。※pontaは店員さんに見せるだけ

おすすめのクレカはもちろん楽天カード。還元率1%と高いうえに楽天ポイントは利用シーンが広いです。永年無料も素晴らしい。

●注意点:コンビニは1回4000円が上限

コンビニで4000円を超える買い物をすることも無いと思いますが…注意点として楽天ペイはコンビニ利用は1回4000円までに上限が設定されています。

他の一般的な店舗では支払い上限が最大50万円(楽天ダイヤモンド会員の場合)。他のレギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナは最大3万円です。

ただし、kyashの上限金額が5万円なので最大の50万円枠はkyashとの合わせ技では使用できません。

▼kyashのバーチャルとリアルカードの利用上限表。

f:id:tetrisotoko777:20190214163706p:plain

楽天カードとkyashを組み合わせると最大3万円まではポイントの恩恵が受けられます。

【公式】楽天カード

まとめ:ペイペイは支払い上限厳しくなったため楽天ペイの方がkyashと相性良くなった

以前はクレカ⇒kyash⇒ペイペイの三重取りが一部で流行っていましたが、2/4の改訂によりやや不便になりました。楽天ペイと組合わせた方が使い勝手が良いです

面倒くさい点としては、kyashに登録できるクレカがvisaとmasterにしか対応していないところ(JCBは未対応)。kyash目的でクレカを作る際には気をつけてください。

▼合わせてどうぞ

heiwa-tetris.hatenablog.com

スポンサードリンク
?