仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

【投資入門】話題の仮想通貨オンラインサロンを一挙紹介!検討している方は参考にどうぞ

おつかれさまです。今回は仮想通貨サロンを一挙紹介していきます。

実は、前々から仮想通貨界隈のサロン情報はスプレッドシートにまとめていたんですが、面倒くさくて公開せずじまいでした。

僕自身はサロンに入会していませんが、何事にもメンターは大事です。アナキンにオビ=ワン・ケノービ、ゴン・フリークスにビスケ。

優秀なプレイヤーには、その基盤を作った師匠が大抵いるものです。

投資入門、あるいは独学で上手いこといってない方は、ぜひオンラインサロンも検討してみてはいかがでしょうか。

さて、今から相当な数のサロンを紹介します。ちなみに、残念(?)ながらサロンにアフィリエイトはありません。皆さんが入会したところで、僕には一銭も入りません。

だから、特に宣伝しようとも思わないです。公平にオンラインサロンとリンクを並べるだけです。

仮想通貨オンラインサロンを一挙紹介

では、さっそくスプレッドシートにまとめたサロンを一気に紹介します。

仮想通貨の特性上、トレーダーサロンと勉強サロンの大きく2種類あります。左端に[ト][勉]と書いてあるのはそのためです。

f:id:tetrisotoko777:20181122054000p:plain

スプレッドシートそのものは9月頃にまとめたものなので、たぶん人数は当時より増えていると考えられます。みるくサロンだけは最近追加したので人数は変わらないはず。

全部で12個のサロンを紹介。有名どころは9割以上紹介出来ている自信があります。また強いサロンが生まれたら加筆していきます。

少しだけ縁があるサロン:d10n

僕自身はサロンに入会していないのですが、友人が大学4年の頃からd10nに入っています。d10nはトレードよりも仮想通貨の勉強に特化しているサロンですね。

大学で、友人とたまに会ったときにd10nの話は聞いていました。Facebookでファンダ情報を最速レベルで流してたのには驚きました

当時は僕も仮想通貨について熱心に勉強していた頃で、redditをはじめ英語圏にも突っ込んでいて情報感度はかなり高めていたはずですが…d10nの方が明らかに速かった。

市場が反応するファンダとそうでないファンダを見極めるのが難しいので、ファンダベースでトレードすると安定性に欠けますが、d10nを勉強の場と捉えると月4000円は悪くないように思います。

正直、僕もd10nとcoinrunは入会を迷いました。口コミの力って凄いですね。

初心者は仮想通貨オンラインサロンは入るべきなのか

僕自身は入っていないですが、正直、1回入ってみるのもアリだと思います。”入るべき”とまではいかないですが。・・・アフィっぽい言い回しですが、全く息はかかっていないです。

これは仮想通貨に限らず、どの分野でも言えることですが「教科書」や「先生」って欲しいですよね。皆さんがオンラインサロンを検討しているのも指導者を求めているからでは。

指導者がアタリだったら万歳ですし、ハズれたら(なんだ、仮想通貨の指導者ってこんなもんか)と納得することが出来ます。数千円で、アタリ/ハズレ以上に大事な”納得感”を得られるのは大きい。

僕がオンラインサロンに入会しないのは、有料noteでやられたのとトレードをしなくなったことです。ファンダ情報は少々遅くなっても仮想通貨の勉強はググって出来る。

数千円というのは手痛い額でしたが(なんだ、こんなもんか)が経験出来ました。悔しさ・歯がゆさはありますが、納得できました。仮想通貨の有料note買わなくていいや、と。

仮想通貨オンラインサロンに入会すると勝てるのか

僕はオンラインサロンに入会したことはないですが、大学受験のときに自習塾に通ったことはあります。トレードと受験勉強は分野こそ全然違いますが、本質は似たところがあると考えています。

塾もサロンも、本人のモチベーション次第

個人的に体験した例を挙げると、僕が通っていた塾は特殊な形式をとっていて、基本的に自習で分からないところがあれば先生に聞きに行く仕組みでした。

誰も質問に来ないときは、先生は奥の部屋で寝ていました。今思い返すと先生マジでコスパの高い商売がうまい。

そんな自習塾にお金を払うというと変な詐欺みたいな印象すら浮かびますが、意外と”場所が習慣づけるきっかけ”になるんですよね。おかげで僕の偏差値は結構上がりました。

世界的に有名な書籍『7つの習慣』のなかでも、「優秀は習慣の積み重ね」という言葉があります。

習慣づけのきっかけを与えるサロンを自習塾みたく上手く活用すれば、トレードスキルは上がるでしょうね。習慣がつかなければ辞めればいいんです。モチベ維持できない環境が悪い。

その上で特に必要性を感じなければ、入らなくていいと思います。

仮想通貨オンラインサロンに入会するための準備

準備といっても大層なものではなく、全部タダで出来るものです。既に準備できている人はスルーしてください。

discordとfacebookは登録しておくと吉

仮想通貨のサロンに限らず、discordとfacebookを利用しているところは多いです。この2つは登録しておくと後の処理がスムーズです。

▼discordは仮想通貨オンラインサロンだけでなく、ICOや草コインのチャットグループにも頻繁に使われています

Discord
Discord
開発元:Discord, Inc.
無料
posted withアプリーチ

▼facebookもプロフを整えておくとオフで会うときに好都合です。

Facebook
Facebook
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted withアプリーチ

トレードは基本的にbitmexを使います

bitmexを使う理由はいくつかあるのですが、1番は高い流動性。世界中の仮想通貨トレーダーが使ってるのでエントリー/利確/損切りがスムーズにできます。

流動性が低いと、損切りのときマジで大変です。皆さんも、流動性が無さ過ぎて1satのまま動かない草コインの話を聞いたことがあるのでは。

▼リンクを踏んで登録すると手数料10%OFF。半年経ったら再登録をオススメします。(半年割引が復活)

公式サイト

bitmexの登録に進む

日本円の入金はGMOコインで。ついでにビットレ君を入手しよう

仮想通貨トレーダーの多くの方が使っているビットレ君はGMOコインのアプリです。

GMOコイン自体は(mexと比べたらダメだけど)国内取引所のなかで可もなく不可もなく、というポジション。

ただ、ビットレ君が優れもので外出中にスマホから一目雲をはじめ、インジをサクっと確認できます。これがトレーダーに愛用されている理由。

▼GMOは他の国内サービスより仮想通貨に熱心です。16万人が口座開設しています。

まとめ

特に投資初心者はどうしても不安がつきものですから、オンラインサロン自体は悪くないと考えています。師匠がいる/いないでは成長に差がつきますし。

この人の考え方良いな!と思って入会して、たとえダメだったとしても、そのときはガッカリするだけです。即刻辞めたときは損切りの上手さを自分で褒めましょう笑

【おまけ】投資の”教科書的な基礎”は無料で学べます

これ、僕が仮想通貨に参入する前に知っておきたかったサービスなんですけど、教科書レベルの投資用語・チャートの見方は無料で勉強できるんですよね。

しかもマンガつき実践前にデモトレで訓練することも出来ます。すっごい分かりやすいです。

▼マンガで視覚的にトレードの基礎を学ぶことができます。完全無料です。凄い。

FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー
FXなび -デモトレードとFX入門漫画で投資デビュー
開発元:GREEN MONSTER .INC
無料
posted withアプリーチ

▼合わせてどうぞ

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com