仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

【まさに外道】『地獄甲子園』:漫画太郎著を読んだ感想(ネタバレ含)

おつかれさまです。今回は漫☆画太郎作の地獄甲子園を紹介します。天才の天才たるゆえんが分かる一冊です。

1996年5月-97年4月まで月刊少年ジャンプで連載されました。2002年に映画化、2009年にはデビュー20周年としてOVA化。画太郎先生のヒット作の1つです。

▼期間限定で[無料立ち読み]が設けられています。画太郎先生の作品は何度も無料キャンペーンを行っているのでぜひ(ダウンロード可)。ほぼすべての作品が網羅されています。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

地獄甲子園の概要/あらすじ

『地獄甲子園』すべてが滅茶苦茶な物語。野球が舞台の漫画ですが、話が進むにつれて野球は関係なくなり(しょっぱなの外道高校から野球は遠くなっていった)、最終的には死人が出ます。実に画太郎先生らしい作品です。

【地獄甲子園のあらすじ】

星道高校の野球部と校長の朝倉南太郎は、夏の甲子園を目指して日々邁進しています。いざ本番のとき、一回戦の相手が外道高校と判明。一同は絶望に陥りました。極悪非道のラフプレイで選手を再起不能にされた過去がよぎります。一方、星道の一年生:めがねは番長との抗争に巻き込まれた末、野球も喧嘩も出来る喧嘩野球戦士を探すことに。

地獄甲子園の感想/見所【ネタバレあり①】:画太郎先生の野球漫画ということ

全ての画太郎作品に共通しますが、どういうテーマで描いても、画太郎フレームワークによって異形の作品になるんですよね。

地獄大甲子園もそうで、もともとは(たぶん)水島新司先生の『大甲子園』ですが、その要素はキレイさっぱり無くなっています。

『大甲子園』もデフォルメ化された表現はいくつかありましたが、野球部のエースが投獄されるシーンはありませんでした。

野球をしているシーンこそあるものの、メインとなっているのはバトルロワイヤルで、いつのまにか「野球も喧嘩も出来る人材」を探し始めているあたり独創性を感じます。

地獄甲子園の感想/見所【ネタバレあり②】:波動拳や人外レベルのキャラが出てくる

外道高校が異常なだけかと思いきや、主人公サイドの星道もやっぱりオカシイんですよ。

エースの野球十兵衛は、子供の頃にピッチングで父親を誤って死亡させた天才です。「スーパートルネード波」はあらゆるピッチングフォームの常識を超えてきています。

地獄甲子園の感想/見所【ネタバレあり③】:珍八やババアも出てくる

ババアはいっつも出てきますよね。どんな作品でも安定して出演します。その手法(同じキャラを複数の作品で登場)は、古くは『火の鳥』にも用いられており、”手塚スターシステム”と呼ばれています。

また、DRAGONBALL外伝で登場した珍八も地獄甲子園で登場します。画太郎先生のデビュー作で登場した最古参キャラですね。

f:id:tetrisotoko777:20181121153949p:plain

【外伝】ラーメンバカ1代:途中でなぜかラーメンの漫画が入る

『地獄甲子園』を読んでいたはずが、なぜかラーメンの漫画が【外伝】として始まります。画太郎先生の天才たるゆえんですね。

無人島で生きる野生児と日本一美味いラーメン屋、そしてババアの物語です。だいたいどういう話か想像はつくと思います。

ラーメンバカ1代は即終了しました。

脈絡のない話もまとめた地獄大甲子園

『地獄甲子園』のほかに、『地獄大甲子園』という作品があります。映画公開に合わせて『地獄甲子園』を再刊行した作品です。

今でこそ映画化第2弾まで作られたヒット作になっていますが、連載当時の地獄甲子園はアンケートの結果も芳しくなく、既存のネームをそのまま使うだけではヤバイと画太郎先生も感じていたとのこと。

ラーメンバカ1代もそうですが、脈絡のない話が作中に多いのは「打ち切り回避の試行錯誤」によるものです。(結局打ち切られました)

『地獄甲子園』単行本には、あまりに脈絡のない部分はカットされていますが、大甲子園の方はまとめて挿入しています。

5chなんjの有名なアレは地獄甲子園が元ネタ

5chなんjの有名なアレ:「てめーらに教えてやんねー クソしてねろ」。有名なアレですよね。昔からよく見かけていました。

f:id:tetrisotoko777:20181121153838j:plain

これの元ネタは地獄甲子園です。画太郎作品とはなんとなくわかっても、作品名までは知らなかった方も多いのでは。

Amazonレビューによる評価

『地獄甲子園』のAmazonレビューを紹介します。作品そのものより、天才・漫画太郎を称えるレビューが多かったです。

【ユーザー1】

漫F画太郎の最高傑作と思う。

無茶苦茶な設定+冗長な挿話+辻褄の合わぬストーリーはいつものことだが

本作はこちらまで吹っ飛ばされそうな勢いに引きずり込まれる。

本邦に野球漫画は数々あれど、コミックス3巻も費やして

県予選1回戦の1回裏の途中迄しか進まず、しかもそこで終わる漫画など空前絶後であろう。

画太郎先生ありがとう、いつも面白い漫画を描いてくれて。

 【ユーザー2】

そうとしか言いようがない

こんな中学生の思いつきみたいなストーリーが
鼻水まみれのバッチイ絵が
読者を人と思わない外道な振る舞いが
なんでこんなに桁はずれに面白いんだ……

ちゃんと下調べして、まじめに資料集めて、しっかりパースも取って、
うんうん悩みながら漫画描いてる作家さんがこれ見たら本気で凹むと思う

他の方が詳しく魅力を書いておられるので
手放しで絶賛して終わります

まじ傑作

 まとめ:画太郎先生の代表作の1つといってもいい作品

「まさに外道!!」の長年愛される名言といい、『地獄甲子園』は画太郎先生の代表作といっても過言でない1作です。僕もよく読んでいました。

天才の片鱗に触れてみたい方、ぜひおすすめです。

▼期間限定で[無料立ち読み]が設けられています。画太郎先生の作品は何度も無料キャンペーンを行っているのでぜひ(ダウンロード可)。ほぼすべての作品が網羅されています。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

▼合わせてどうぞ

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com