仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

【評価・レビュー】『バカとつき合うな』感想|堀江貴文氏×西野亮廣氏の話題本。元気が出るエナジードリンクのような一冊

おつかれさまです。堀江貴文氏×西野亮廣氏のビックネームで新刊『バカとつき合うな』が発売されました。Twitterで知った方も多いと思います。

まず、下の箇条書きをご覧ください。

  1. バカばっかりの環境に居続けるバカ
  2. 人と同じことをやり続けるバカ
  3. 学校を妄信するバカ
  4. 目的とアプローチがずれてるバカ
  5. 我慢を美徳にしたがるバカ
  6. 未熟なのに勘に頼るバカ
  7. 欲望する力を失っているバカ
  8. 「自分の常識」を平気で振りかざすバカ
  9. 機械の代わりを進んでやるバカ
  10. 付き合いを強要するバカ
  11. ひとつの仕事で一生やっていこうとするバカ
  12. 先に設計図を書きすぎるバカ
  13. にわかを否定するバカ
  14. 人生の配分ができないバカ
  15. 新しさばかり追求するバカ
  16. 無自覚に人の時間を奪うバカ
  17. 善意なら何でもありのバカ
  18. マナーを重んじて消耗するバカ
  19. 自分は老害にならないと思っているバカ
  20. 孤独を怖がるバカ
  21. 一貫性にこだわるバカ
  22. 未来に縛られるバカ
  23. 空気を読むバカ
  24. バカを笑って、自分は棚上げのバカ

『バカとつき合うな』に興味を持っている皆さんは、一般と比べても先進的な考えを持っていると思います。

周りに理解されなかったり、あるいは「意識高い系」と揶揄されてしまうこともあるのでは。

つまらない規制や、政治で進まない世の中や変わらない人々にむかっ腹を立てつつ、日々を過ごしてる…そういう方が多いと思います

かくいう僕もそういうタイプですが、どうでしょう。意外と「バカ」に当てはまっていませんでしたか。僕自身、結構当てはまっている部分が多くて驚きました。

(なるほど、こういう切り口でみたら確かに「バカ」だなぁ)と感心しながら読み進めていました。特に「マナーを重んじて消耗するバカ」の章は個人的に刺さりましたね。

過激な物言いはタイトルだけでなく中身でも目立ちますが、根っ子のところで「優しい」本です。普段の堀江氏や西野氏をみてもなんとなく分かると思います。

『バカとつき合うな』堀江氏・西野氏が知見ベースで世間に切り込む

f:id:tetrisotoko777:20181029182731j:plain

ニュアンスが似たヒット作:田村耕太郎氏の『頭にきてもアホと戦うな』という本があります。こちら「アホが多すぎて」60万部を突破しているとのこと。

最初、タイトルが似ているので(同じような内容なのかな)と思ったのですが、かなり違いました。

田村氏の『アホと戦うな』は、あくまでリーマン向けで「会社の中でやっていく」が前提にあります。社内で使えるライフハックとも受け取れます。こちらも面白い本です。

一方で『バカとつき合うな』は、ターゲットにフリーランス的な立ち位置の方も内包しています。内容はライフハックというよりも自己啓発的な色が強いです。(こう書くと誤解を生みそうですが…)

2013年-2014年頃に『嫌われる勇気』が流行ったことを記憶している方も多いと思いますが、その内容を堀江氏・西野氏の知見ベースで展開しています。まぁ、スタイルは全然違いますが…。

堀江貴文シリーズで人気の『やっぱヘンだよね』が好きな人は、この本もきっと好きです。

欲をいうともっと文字を詰めて対話文を増やしてほしかったのですが…「大きな文字」は『革命のファンファーレ』といい最近のトレンドですしね。

エナジードリンクのような一冊:読むと先進成分がスカっとします

皆さん、自己啓発本ってどんなイメージあります?最近はブームが去って批判的な意見もポツポツ出てきていますけども…。

僕は「エナジードリンクを飲む」ような気持で読むことが多いです。さらにエナドリと違って何度も読めるし得た知見はなくならない。

読むと「先進成分」がスーっと身体に染みていくのがわかります。モンスターエナジーを飲んだときのような(これだよ。これこれ!!)がクるのです。

「対話形式で読みやすい」というのも良い点です。昔こそ「小難しい本を読む=かっこいい」なんて考えてましたけど、やっぱり分かりやすい文章の方が頭に残ります。

「人間の仕事は早く奪ってしまえばいい理論」に非常に共感した

f:id:tetrisotoko777:20181029183204j:plain

堀江さん、この話は色んな場所でしていますけど本書のなかでも展開しています。僕は賛成しかないんですけど、皆さんどうですかね。

お金を稼ぐための仕事って、少々やりがい感じても(馬鹿らしいなぁ)と思うことが多いです。なんで我慢しなければいけないんだ。

そうやって可能性に「我慢」という蓋した結果こんな世の中になってるんじゃないか。外国人労働者の離職率45%の国(厚生労働省発表H13)で常識もクソもあるか。厚労省のアクセスできるデータも旧いし。H13て。

言ってしまえば「労働」の問題ではなく、日本が「封建社会」なことが問題ですが…。今の社会を成り立たせてしまっている御恩・奉公じみた就業システムからぶち壊してしまうのが解決策だと思います。

封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては主に、鎌倉時代から江戸時代にかけての「武家の世」の社会・政治制度を表す言葉として用いられている。

あらためてwikipediaでみても今の日本をよく現していると思います。保守的な大企業や田舎まんまですね。いや、都会でも全然残ってるか。

また、単純に「働かない」って素晴らしいじゃないですか。BIとか絶対欲しい。

そういうわけで「人間の仕事は早く奪ってしまえばいい」理論は非常に共感するところがあります。

器用な立ち回りが苦手な方も共感するところが多いのでは

f:id:tetrisotoko777:20181029183305j:plain

自称するのもなんですが、僕も世渡り下手な不器用タイプです。ある意味「極論」といえる考え方を芯にして動いていける両氏に羨ましさを覚え、共感しながら読んでいました。

皆さんもきっと聞いたことがある「ファーストペンギン」という言葉。最初に海に飛び込んだペンギンは自発的に飛び込んだのではなく、押し出されて飛び込んでしまった説があります。

起業・独立・副業というワードは最近キラキラした語り口で持て囃されていますけど、「色々頑張ったけどダメで、そうせざるを得ないから仕方なく」飛び込むタイプも多いと思います。

僕自身、意識が高いというよりも、社内政治が下手だから・収入を増やす手段として箱のなかで器用に頑張ることができないから酒もロクに飲まずにブログを書いているところはあります。

本当は出来ないこと・やりたくないこと完全無視で、極論を振り回していきたい。気に入らないヤツは全員ブロックで偏りまくって興味の赴くままに生きていきたい。でも、それをするには、も少し収益が足りない…。

こういう、まぁ、僕に似たような方には励みにもなると思っています。本書のなかでは「挑戦はサイコー」です。挑戦は正義で、なんども打席に立ちまくることこそ至高。本質でもありますしね。押し出されようと飛び込もうと、打席に立てばいいんですよ

【余談】面白い取り組み|100冊持っていったら西野氏・堀江氏がスナックで接待!

f:id:tetrisotoko777:20181029183355j:plain

かなりパンチの効いた取り組みだと思います。100冊『Candy』に持っていったら西野氏・堀江氏がママになって接待するそうです。

ameblo.jp

決行日は10/31です。集合場所は東京都品川区五反田1丁目26-9 3Fで、集合時間は21時前とのこと。行かれる方は大事な情報ですね、スクショ取っておきましょう。

ギリギリですね(幣ブログ執筆時10/29)。Amazonの「お急ぎ便」を使ったら滑り込みで間に合うかもしれませんが。

ちなみに、既に20人以上の応募があったそうです。『バカとつきあうな』100冊×20で2000冊以上は集まりますね。想像しただけで凄い画だ…。

まとめ|元気が出る本です。演者が濃い本は安定感がありますよね

やっぱり、知見が豊富な両氏が対談しているので内容は面白いです。他の堀江氏の本と被っている内容もありますけど、西野氏が対談相手に加わることで斬新さがありました。

「生きづらさ」を感じている人とか、世の中に忸怩たる思いを抱えている人とかハマると思います

紙の本で持っておきたい人は、Amazonプライム会員に登録しておくといいですよ。プライムマークがついているので送料無料になります。

また、Amazonオーディブルで『他動力』がタダで聴けますしっかり調べたら相当コスパ高いサービスでした。自信をもっておすすめします。

heiwa-tetris.hatenablog.com

こちらは『ホリエモンメルマガを取った体験談』の記事です。こちらは月額800円で内容が非常に濃いです。「メルマガに編集者がついている」って改めて凄いですね。

heiwa-tetris.hatenablog.com

Check