ユニークTライフログ

イマをハックする

【仮想通貨】Sandblockを紹介!|ブランドの架け橋を目指す+アプリ内のゲームが結構稼げる?

スポンサーリンク

おつかれさまです、てとりすだんちょーです。

今回は、あらゆるブランドの架け橋を目指すトークンプロダクトSandblockを紹介します。

f:id:tetrisotoko777:20180417084328p:plain

プラス、Sandblockのアプリ上にトークンを稼げるゲームが搭載されていて、それもちょっとやってみたので感想等を書いていきます。

Sandblockってどんなトークン?

公式サイトに日本語の紹介動画があったので貼っておきます。

【Sandblockの特徴】

  • ブランドの代わりにトークンを発行
  • トークンは仮想通貨
  • ブランドは匿名化されたデータを獲得できる

お客さんは、企業が対価をして支払うトークンを手に入れて得をします。

ブランドはSandblockを通じてトークンを発行することで、匿名化されたデータ(プライベートな個人情報を含まなくていい)を入手することが出来ます。

ブロックチェーンの「匿名性」という特徴を生かした、なかなか面白いプロダクトだなぁと思いました。

また、ブランド間がSandblockを用いることで、従来のポイントカードと違ってブランド間同士の流動性も高まることも想定できます。

すでにいくつかの店/サービスと提携している

 このSandblockですが、すでに複数の店/サービスと連携しています。

f:id:tetrisotoko777:20180417041936p:plain

プレミアム・パートナーとなっているのは上記4社で、フランスのオンラインショップ店です。

さらに、公式HPでは企業向けのページも用意しているのですが、「ワンクリックで登録」できるので参加も簡単みたいです。

f:id:tetrisotoko777:20180417042258p:plain

Sandblockの機能を詳しく紹介!

 では、Sandblockの具体的な機能を紹介します。

【ざっくり具体的な機能】

  • 様々なロイヤリティカードを一元化
  • フィードバックで報酬を得られる
  • ゲームを作成することが出来る
  • トークンを交換するマーケット
  • マーケティングリサーチ

様々なロイヤリティカードを一元化

Sandblockは、ブランドがトークン発行をするプラットフォームという機能を持っているため、各ブランドのトークンを一元化することが出来ます。

このトークンは、今でいうところのロイヤリティ(ポイント)カードと言い換えることも出来るのですが、ぶっちゃけ財布に持ち運ぶの面倒くさいですよね。

それを、アプリで一元化できるというので便利が良いです。

皆さんの住んでいる地域にはあるか不明ですが、僕が元々住んでいた田舎では、色んなショッピングサイトを集めたまとめサイトみたいな大型店舗がありました。

そこでは、そのショッピングセンターに含まれている商品を買うと、別の店でも適用できる割引券みたいなのがついてきたりしました。

Sandblockの機能の1つでは、これをオンラインかつ世界規模で始めようとしているので画期的です。

フィードバックで報酬が得られる

こちらも顧客向けの機能ですが、適切なフィードバック等をした際には報酬が貰える機能がついています。

また、フェイクレビューを無くす試みもしており、本物の顧客からレビューが得られるような工夫をしています。

 (↓)こちらはジャンルが恋愛で少々違うのですが、同様にbotやフェイクプロフィールを無くそうとしています。

heiwa-tetris.hatenablog.com

ブロックチェーン技術自体、透明性が非常に高いのが特徴的なので、今後botや偽物はどんどん消えていくように思えますね。

ブランドがゲームを作成することが出来る

ちょっと面白いサービスが、ブランドがゲームを作成することが出来るというもの。

報酬付きのゲームで遊んでもらうことによって、顧客のエンゲージメント率を高めるという施策です。

今回、既に用意されていた『Tramply bird』というゲームをやってみたので、後ほど感想など書いていこうと考えています。

トークンを交換するマーケット

Sandblockは、ブランドがトークン作成機能を持つようにするだけではなく、作成されたトークン同士を交換するマーケットも用意しています。

ざっくり、仮想通貨取引所ですね。

f:id:tetrisotoko777:20180417072032p:plain

Imagine exchanging your coffee shop tokens against airline company tokens!

訳)コーヒーショップのトークンと航空会社のトークンが交換されることを想像してみてください!

た、たしかに凄そうだ。。。

マーケティングリサーチ

Sandblockに参加している企業は、ブロックチェーン経由で(匿名化された)膨大な情報を入手することが出来ます。

僕たちブロガーをはじめ、何らかのWebメディア運営者はGoogleAnalyticsという分析ツールを導入しており、当然データ分析は大事な指標となっています。

Sandblockの場合は、匿名化された情報+ダイレクトなレビューもセットで分析されます。(レビュー主には報酬が渡るようになっているので、比較的集まりやすいと思われます

アプリ内のゲームを紹介

実は、Sandblockのアプリ内ではゲームが既に用意されておりまして、プレイすることによってSATトークンが得られます。

で、これが報酬付きなんですが…実際どのくらいの報酬が貰えるのかざっくり計算してみましょう。

Sandblockが発行するトークンのうち8%がBountyに分けられ、さらにBountyのうち25%がアプリbountyに充てられます。

f:id:tetrisotoko777:20180417075113p:plain

引用:https://sandblock.io/whitepaper.pdf

Here’s a summary the updated bounty campaigns:

  • 8% of the Satisfaction Tokens (SAT) are still allocated to bounties
  • [NEW] Mobile application bounties: 25%
  • Social media campaign: 20%
  • Blog & publication Campaign: 10%
  • BT Signature campaign: 10%
  • Translation & Moderation campaign: 10%
  • Random bounties: 25%
  • 引用:Bounty Campaign [updated] — New mobile application bounties

発行されるSATトークン枚数は、55 000 000

クラウドセールで売りに出されるSATの額は、1ETH=3000SAT。

現在のETH相場は、53913円(4/17 07:45)

イーサリアム/Ethereum 相場チャート (ETH/JPY) | CoinGecko

つまり、おおよその1枚あたりのSATは54000÷3000=18円

トークン全体で、990 000 000円(9億9千万円)

このうちBountyに分けられる内の8%なので、7920万円

そして、アプリで使われるBounty額が25%なので1980万円です。

この1980万円のなかから、(ステーク式なので)ハイスコアなメンバーほどトークンが割り当てられるようになります。

ちなみに、現在で30000DLほどされているそうですので、平均(≠中央)を出せれば660円ほど貰えます。

トップレベルのプレイヤーになると…ちょっとヨダレが足れるような金額が貰えそうですね。

実際にやってみた感想

(↓)ゲームはこちらからDL出来ます。(Android/iOS)

t.co

僕がプレイしたのは、『Trumply bird』。

ト●●プ大統領らしき人物の頭にヘリコプターがついていて、切り離されてパタパタと進んでいく…。

仮想通貨のアイコンがかかれた柱にぶつかるとアウトです。

なんというか色々とダメでは・・・

しかし、このゲームのトップユーザーになるとガチで計算上100万円~レベルの賞金が貰えます

f:id:tetrisotoko777:20180417082229j:plain
f:id:tetrisotoko777:20180417082243j:plain

ちなみに僕のスコアは34です。(頑張って100スコア目指したい)

ICOも行うので、興味がある方はぜひ

このSandblockですが、4/25~5/16にかけてトークンセールを行います。

  • 第一期:15%+ボーナス
  • 第二期:10%+ボーナス
  • 第三期:5%+ボーナス
  • 第四期:0%ボーナス

となっていますので、早めに参加すればするほど得です。

  • 1ETH=3000SAT
  • 最小購入枚数は、0.05ETH・0.01BTC・50USDとなっております。

結構、色んな決済方法が出来るのも珍しいですね。

まとめ

Sandblockはブランドトークンのプラットフォームを目指しており、ブランド‐顧客双方の利益を考えて設計されています

個人的には、例のTrump birdが色々とアカンくてツボりました。()

こちらも、ぜひプレイしてみて下さい。

t.co

Sandblockの詳細な情報を知るなら

【公式サイト】Sandblock

【ANNスレッド】https://bitcointalk.org/index.php?topic=2254884

【Twitter】Sandblock (@sandblock_io) | Twitter

【Facebook】Sandblock - ホーム | Facebook

【Telegram】Telegram: Contact @sandblock_io