仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

【ICO】SANCOJというプロダクトを紹介!ブロックチェーン×AIで仕事全般の機会を提供

スポンサーリンク

おつかれさまです、てとりすだんちょーです。

最近はリクルートスーツ姿の大学生を多く見かけるようになり、いよいよ就活シーズンが本格化し始めましたね。

そういえば、某高地の御大も、こんな記事を投稿していました。

転職系のアフィリエイトは報酬高いですからね。実体験に基づいており、「面白いなー」と思って読ませていただきました。

んで、今回の本題は就活にも関連するんですが、広く機会(opportunity)を提供するプロダクトSANCOJの紹介です。

SANCOJの概要|ブロックチェーンよって仕事の機会を提供するプロダクト

f:id:tetrisotoko777:20180404162132p:plain

引用:SANCOJ

さて、SANCOJはAI×ブロックチェーンの力で「広く機会を提供するプロダクト」です。

具体的には・・・

  • 仕事
  • プロジェクトの契約
  • イベント
  • 学習
  • 様式
  • 社交
  • 才能
  • マネジメント(管理)/エンハンスメント(向上)
  • 売買
  • 事業買収

等々…これらの幅広い”仕事に関する機会”を取り扱う予定です。

技術的な特徴としてはAI(人工知能)を使っている点ですが、皆さんもマイナビのタイプ(強み)診断などで既視感があるのではないでしょうか。

SANCOJで行おうとしていることも本質的には同じでして、AIに情報を入力することで最適な方向性をリプライしてくれます。

能力・才能以前に大切な機会

この記事を読んでくださる皆さんは、恐らくそこそこ仮想通貨に触れた経験をお持ちで、”機会の大事さ”は実感しているのではないでしょうか。

特に、いわゆる出川組、12月後半になってから参加した皆さんは「も少し早く仮想通貨を買っていたら・・・」と感じているのでは。

日本の有名な億り人:ニシノカズ氏は2017年5月に参入し、元手10万円から6億円まで資産を増やしました。

まさに、”機会を掴む達人”ですね。

仮想通貨に限ったことに限らず、就活をはじめ仕事や、もっと大きなライフイベントも結果は”機会”によって大きく左右されます。

そして、この”機会”というのはまず「そこにある」ことすら認識できないことが非常に多い。

どんなに優れた能力・才能があっても、適切な機会を掴まないと持ち腐れて一生を過ごしてしまう可能性が多いにあるのです。

SANCOJをはじめようと思った理由

SANCJのホワイトペーパー(https://www.sancoj.com/assets/whitepaper.pdf)に、このプロジェクトを始めた理由が述べられていました。

【SANCOJをはじめた理由】

  • 機会の不足
  • 資産の不足
  • 判断基準が狭いコミュニティ
  • 仕事の不足
  • 人的コストによる倒産

【機会の不足】

まず述べられていたは【機会の不足】。

日本だと実感しにくいのですが、世界には絶望的な階層に生まれてしまいもがいている人は沢山います。

ナイジェリアのラゴス州にはアラバ国際市場とよばれる巨大なIT・電子系の市場があります。

まさに”リープ・フロッギング現象”と呼ぶべき先進的な市場ですが…実際のところ80%以上の人々が帰りの運賃すら稼げないほど貧窮しています。

というのも、アラバの店主の多くは自身で製品を持っていないからです。

自身で製品を創り、売上の多くを自分のポケットに入れるための”機会”に欠けているのです。

【資金の不足】

大きなアイデアがあるのに、実現するための資金が欠けている場合もあります。

ICOなんて、まさにこの問題を解決するための手段なのですが、SANCOJも同様に取り組もうとしています。

【判断基準が狭いコミュニティにゆだねられる】

今はインターネットが発達して、外の意見も耳に入れることが出来るようになりましたが、ひと昔前の「判断基準を身内にゆだねざるを得ない」というのは機会損失に繋がります。

といっても正直、今でも進路相談を親や教師にするしかない状況はヤバイと思っていて、改善する必要性は感じています。

この非常にゆゆしき問題を、SANCOJはAIを用いて膨大なデータを基に最適解を提示することで解決します。

【仕事の不足】

SANCOJいわく「世界の失業率は高すぎ、また仕事は労働者に不一致であることが多すぎます。」

これはもう、日本に住んでいる僕らこそ実感している問題ではないでしょうか。

僕も就活は経験しましたが…新卒エージェントに相談しても、正直しっくりくる仕事は紹介されませんでした。

僕に限らず(働く気はあるんだけど、なんかウマが合いそうなシゴトが無い…)と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

SANGOJは、この問題の解決策として”自分でビジネスを始められるようにトレーニングする”と提案しています。

ぶっ飛んでるように聞こえますが、適性に合った仕事がないので自分で創るというのは凄く理に適っているのではないでしょうか

僕も、仮想通貨関連を調べまくって+ブログにしていますけど、モチベとなっているのは独立です。(もう、ほぼしているようなもんですが…)

【人的コストによる倒産】

ビジネスが倒産してしまう多くの原因に、人的コストがあります。

SANCOJは、このような倒産を防ぐために仲売人を通さずエージェントから直接雇用をします。

それによって、雇用主は従来よりも安く・柔軟な形態で雇用することが出来ます。

SANCOJの具体的な機能

では、SANCOJの具体的な機能を紹介していきます。

  • 1つのアプリで多くのことが出来る
  • 手数料を払う必要が無い
  • P2P取引
  • エスクロー制度
  • 法的な問題にも対処法を用意
  • AIによる判断
  • 投資家/出資者を紹介
  • トークンを引き出せるデビットカード
  • 作業の監視
  • 入札競争の制度

 ちょっと多いので、1つ1つ取り上げて解説ということは避けますが・・・笑

[手数料を払う必要が無い][P2P取引]というのは、ブロックチェーンならではのメリット。

中央集権的に管理する必要がないため、取引者間のコストカットにつながります。

また、ぶっちゃけ「雇用×ブロックチェーン」プロダクトというのははちゃめちゃに多いのですが、

  • エスクロー制度
  • 法的な問題に対処法を用意
  • 投資家/出資者を紹介
  • 作業の監視

 など、雇用に限らず「仕事全般」に対するをサポートを用意しているのはSANCOJの大きな強み

SANCOJでは契約をした後も、契約通り作業が実行されているか監視してくれるのは非常にありがたいですね。

ロードマップ

さて、SANCOJのロードマップはこんな感じです。

【2011年1月】

  • SANCOJのアイデアが生まれる

【2014年2月】

  • 集権型のアプリ開発

【2014年3月~2015年12月】

  • 集権型のプラットフォームでビジネス開始

【2017年1月~2017年4月】

  • 分散型プラットフォームへ改良することを調査

【2017年5月~2017年7月】

  • 調査とAIエージェントのテスト

【2017年8月~2018年3月】

  • 分散型アプリの開発

【2018年4月1日】

  • SANCOJのα版をオープン

【2018年4月16日~23日】

  • プレICOがスタート

【2018年4月1日~30日】

  • アプリのテスト+デバッキング

【2018年5月1日~30日】

  • ICOがスタート

【2018年5月5日~20日】

  • 公開テストとデバッキング

【2018年7月13日】

  • SANCOJのウェブアプリがローンチ

【2018年7月18日】

  • 最低2つの取引所に上場

【2018年8月15日】

  • Androidアプリをリリース

【2018年8月17日】

  • iOSアプリをリリース

【2018年9月17日】

  • モジュールを追加

【2018年9月18日】

  • さらに3つ以上の別の取引所に上場

【2018年11月19日】

  • bulk liquidityを追加

【2018年12月20日】

  • AIエージェントZingoをリリース

【2019年1月21日】

  • SANCOJのデビットカードがリリース

【2019年2月22日】

  • SANCOJデビットカードの最初の提携

【2019年3月23日】

  • 政府レベルとの提携を獲得

【2019年3月24日】

  • Govement/Contractorのプロフモジュール追加

【2019年6月25日】

  • さらに3つの取引所に上場

4/16からプレICOを行います

SANCOJ、4/16からプレICOを行うことに注目です。

f:id:tetrisotoko777:20180404155711p:plain

引用:SANCOJ

プレセール期間では、68.5%OFFで購入できます。

また、5月1日~30日にICOを行います。

f:id:tetrisotoko777:20180404155917p:plain

引用:SANCOJ

SANCOJのICOで期待できる点

結構長々と記事を書いたように、僕自身SNACOJには期待しています。

【SANCOJが期待できる点】

  • 「雇用」に限らず仕事全般のサポートをする点が特徴的
  • ロードマップが詳細に設定されている
  • テレグラム人数も多く活発
  • 既に上場が約束されている

1、2個目の理由は上に書いた通りですが、SNSも充実させている点も期待が出来るポイントです。

本当にダメなプロジェクトは、テレグラムはじめSNSが全然盛り上がってないですからね。

また、既にいくつかの上場が約束されている点も期待できる点で、上場しなかったせいで取引できない/流動性が低すぎるという事態は防げると考えられます。

より詳細にSANCOJを知るには

【公式サイト】https://www.sancoj.com/

【ホワイトペーパー】https://sancoj.com/assets/whitepaper.pdf

【telegram】Telegram: Contact @sancoj