ユニークTライフログ

イマをハックする

【仮想通貨】OMG(OmiseGO:オミセゴー)の特徴・将来性を紹介|タイで展開してる盤石なコイン

スポンサーリンク

おつかれさまです、てとりすだんちょーです。

今回は、タイ・シンガポール・日本・インドネシアが共同してリリースした【OMG】(オミセゴー)を紹介します。

f:id:tetrisotoko777:20180228235356j:plain

↑タイの夜景:バンコク周辺はこんな感じで、東京?って思うくらい発展しています。

ちょっと余談なんですけど、僕含めて周りの友達に”東南アジア好き”が多いんですよね。

 

僕も、友人と一緒におととしのゴールデンウィークにタイ旅行に行きました。

 

新バンコク空港からタクシーを拾ってバックパッカーが集うカオサンに泊まり、数日ふらふらした後は、9円ほどの電車やフェリー(交通費がマジで安い)に乗ってチャトゥチャック・マーケットへ。

 

カオサン、ソイカウボーイの熱狂っぷりはヤバくて、特にソイカウボーイの某店はアジア1の■■■■で(自主規制)(自主規制)(自主規制)で、完全に日本じゃ無理な感じでした。

 

すげぇ楽しいですよ、タイ。甘ったるい出店のジュースやタイ米チャーハン、諸々含めて大満足でしたね。

はい、本題のOMGを紹介していきます。笑笑

OMG(OmiseGo)ってどんな仮想通貨?

f:id:tetrisotoko777:20180228234722p:plain

  • 最大供給量:140,245,398
  • 現在供給量:102,042,552
  • 時価総額ランキング:18位

インパクトある名前ですよね、OMG(オーマイガー)だし、略さなくてもOmiseGo(オミセゴー)という名前はパッと目につきます。

OMGは、東南アジアを中心にブロックチェーンであらゆる金融取引を低コストで実現しようとしています

正直、「ありきたりっちゃ、ありきたり」なサービスのように感じました。

ブロックチェーン×金融取引はBTC、XRPといった主要通貨をはじめ、雨後の筍のように出てきていますから・・・

ところが、OMGが優れているのは、元々タイで根付いていた決済システムのスタートアップ企業が発行しているトークンであることです。

BTCもXRPも、ブロックチェーン×金融取引のシステムを開発しているといっても、いずれも通貨ありきの企業・組織で、実用化はまだされていません。(2/28)

リップルは、3月に国際送金テストが開始されるみたいで、今後どんどん実用化はされていくんでしょうけど、普及はも少し時間がかかりそう・・・。

一方で、OMGはタイで決済サービスとして成功していた企業(Omise)が発行しているため…すでに多く使われているサービスにOMGトークンが使えます

世の中には様々な仮想通貨があります(ERC20トークンでも4万以上)が、実用化⇒普及まで達成しているトークンはそうそうないです。

Omiseは決済代行サービスの注目スタートアップ

仮想通貨トークンを発行している多くの企業が、”仮想通貨ありき”でサービスを提供している中、Omiseは元々ブロックチェーン開発に取り組んでいたワケでは無いです。

japan-business-headline.com

”東南アジアのEC事業が巨大になる”ことを見越して、ブロックチェーン関係なく「EC事業者向け」に決済サービスの提供を始めました。

f:id:tetrisotoko777:20180228222351p:plain

www.omise.co

Omiseの代表的なサービスは【Omise payment】です。

【Omise payment】

  • クレカ・現金・デビットを始めとした決済
  • SNS上での決済を補助
  • ルーチーンワークの効率化
  • 簡単に導入できるプラグイン

実は、Omiseの導入はここ数年でタイ国内を中心に相当進んでいます僕が旅行したときは気づかなかったですが・・・(あんまり王道な店に行かなかったからか?)

www.omise.co

昨年の9月には、なんとタイに展開しているマクドナルド(マクドナルド=タイ)に導入されています。

ここまでOmiseがヒットした背景には、簡単に導入できるプラグインをいち早く開発している点にあります。

今でこそ東南アジアが"成長市場"と注目されていますが、Omiseの創業は2013年です。

創業者である長谷川氏の先見性は、驚くべきものがありますね。。。

そういえば、大物仮想通貨ブロガーのマナさんもOMGを絶賛していたのですが、ここまで広く決済サービスとして機能しているプロダクトは本当に珍しいです。

(というか…OMG以外ないのでは?と思っています)

OMGの将来性は期待できると考えています

個人的に(というか多くの有名人も)OMGの将来性には期待しています。

  • 成長市場であるタイ・東南アジア中心に展開
  • マクドナルドをはじめ大手企業にもOmiseが導入されてる
  • EC企業が簡単に出来るプラグイン

主に、これらの理由からOMGは盤石に成長していくのでは…と考えています。

さらに、スマートコントラクトを更に強化するPlasmaが導入されるとのことで、これは2018年の6月末を予定しています。

OMGが購入できる取引所

OMGは、日本の取引所で上場こそされていないものの、海外取引所では結構上場されています。

f:id:tetrisotoko777:20180228232852p:plain

ちょっと見にくいですが…マイナー取引所をはじめ、[BINANCE][OKEx][bithub]…など、取引所ランキング上位陣もOMGを扱っています。

この中でオススメの取引所はBINANCEです。

  • 取り扱う通貨が100種以上
  • 手数料が安い(BNBトークンで0.05%)
  • ICOセールも行う
  • BTCからHFしたコインは全て扱う

メインの取引所として使っている方も多く、仮想通貨トレードに取り組むなら是非インストールしておきたいです。

【公式】BINANCE

関連記事

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

<注目案件>

人気エアドロップ紹介サイトSTERもエアドロ開催中!

【公式】STER

heiwa-tetris.hatenablog.com

 こちらの記事もおすすめです

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

唯一日本円でXRPトレード!bitbank

取引手数料がマイナス!Zaif

[エアドロップ情報]

登録したエアドロップを片っ端から紹介します【随時更新】

「エアドロップ紹介サービス」STERがエアドロップ!

分散型取引所WOTERのエアドロップを詳しく紹介

[新しい仮想通貨サービス]

仮想通貨が貰えるSNS・Solaを紹介!

[仮想通貨アフィリエイト]

仮想通貨アフィリエイトって儲かるの?【体験談】