仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

bitbank(ビットバンク)取引所は優秀です|XRPから日本円に出来るので出金・送金が安い

スポンサーリンク

おつかれさまです、てとりすだんちょーです。

今回は、取引所の【bitbank(ビットバンク)】を紹介します。

 CCはハッキング騒動・bFはマネロン疑惑でどちらも息をしていない状態で、最近は「そもそも使える取引所」が非常で限られています。

そのなかで、このbitbankは「XRPが取り扱えて手数料を抑えられる」「取引高もほどほどにある」と優秀です。

f:id:tetrisotoko777:20180206171446p:plain

【bitbank(ビットバンク)の特徴】

  • 取引所形式なのでスプレッドがほぼ0
  • ほどほどの取引高がある
  • 取引手数料が安い(9月まで無料キャンペーン)
  • XRPが日本円で取引出来る
  • 入金手数料無料
  • アプリも登場でスマホからもトレードしやすい

bitbankはXRP/日本円ペアがあるため手数料が安い

まず、bitbankの大きな特徴としてXRP/日本円ペアがあります。

これが、どう大きいのかというと取引所間で発生する「マイナー手数料」を非常に安く抑えることが出来ます。

例えば、BinanceのBTC、ETH、XRPの送金手数料を比較してみましょう。

  • BTC:0.0005BTC(約375円)
  • ETH:0.01ETH(約450円)
  • XRP:0.25XRP(約12.5円)

日本円換算の額は、その時々の地合いによって変動しますが、見比べても一目瞭然でXRPが安いことがわかります。

このため、主に海外取引所でトレードしている方は、なるべくXRPを採用している出金用取引所を持っておいた方が良いです。

bitbankは「取引所形式」スプレッドが販売所より発生しない

まず、bitbankの特徴として「スプレッドがあまり発生しない」ことが挙げられます。

スプレッドとは、「売り」「買い」で生じる価格差のことで、広ければ広いほどユーザーは利益が取りにくくなります。

f:id:tetrisotoko777:20180206155047p:plain

例えば、上はGMOコインのスプレッド差ですが、2500円の差が生じています。

特別GMOコインが高いわけではなく、基本的に日本の取引所はスプレッド差が広いです。

最近は特に「ヨコヨコ」、俗にいうシンプソンズチャートを形成することが多いので、BTCで10$幅を取るだけでもかなり大変。

このようなスプレッド差が生じる原因は、「販売所形式」を採用している取引所が多いからです。

  • 販売所形式取引所が、他の取引所から通貨を購入して販売する形式。購入分の費用を上乗せする必要がある

一方、bitbankは「取引所形式」を採用しているので、大きなスプレッドを設ける必要がなく、そのため通貨を安く購入できます。

  • 取引所形式取引所は売買の場を設けるだけで、ユーザー同士で取引する形式(bitbankが採用!)

bitbankというお店側[取引所]はトレードの場を設けているだけで、商品(仮想通貨)の仕入れを行っているわけではありません。

だから、「取引する人数が少なければ流動性が無さ過ぎてトレード出来ない」という事態は起こりえますが…市場が停滞している今でも、取引所トレードは出来ています。

bitbankやCCといった古参取引所が販売所形式をとったのは、おそらく2015~2017年前半の取引高があまりに少なかったからでしょう。

キチンと理解しなくても、「取引所と販売所」の違いはなんとなーく頭に入れておくと、妙な損失(「手数料負け」というらしい)を出さずに済みます

海外だと取引所形式がメインで、当然のようにBINANCE・Huobiも取引所形式を取っています。

bitbankは入金手数料が無料

bitbankでは”入金手数料0円”を掲げています。・・・でも、これって普通です。StocksExchenge以外で入金手数料取るなんて聞いたことありません

しかし、あえて「入金手数料0円」というのを広告に掲げているのはウマイと思います。

bitbankの取引手数料無料キャンペーン

これ・・「bitbank取引手数料無料」かなり凄くないですか。他の有名取引所、例えばBinanceでも取引手数料は取ります。

というか、取引所は手数料収入で成り立っている面が大きいので、この無料キャンペーンは相当気合が入っています。

FCoinの手数料還元キャンペーンで気づいた人も多いかもしれませんが、庶民からコツコツ集める手数料収入ってボロ儲けなんですよね。

f:id:tetrisotoko777:20180206160500p:plain

それをせず、全ペア取引手数料0キャンペーンをやってますからね「一体どこで収益を得ているのか・・・?」というレベル。

期間ですが、6月までだったのが9月まで延長されました。

bitbankのチャートはTrading Viewで見やすい

また、bitbankが優れているのは、使用しているチャートが投資家のプロも愛用しているTrading Viewを使っている点です。

f:id:tetrisotoko777:20180206161151p:plain

Trading Viewは、仮想通貨以外が爆発的にブームになる以前から、投資家の間で愛されているチャートです。

[赤枠]で囲んだ場所から、チャートに色々と書き込みできます。

といっても、これはbitbankだけが”特別”なのではなく、他の多くの取引所でもTrading Viewは採用されています。

僕もBitMEXを使うときは、基本TradingViewをみつつトレードをしています。

セキリュティ対策もバッチリ

f:id:tetrisotoko777:20180206164816j:plain

コインチェックの騒動もあって、取引所のセキリュティ対策が気になる人も多いと思います。

bitbankは、セキリュティ対策も抜かりが無いです。

  • マルチシグ(複数署名)による管理体制
  • ホットウォレットとコールドウォレットを併用

コインチェック騒動の火種となった2つ(マルチシグの不徹底・資産を全てホットウォレット)を、キチンと潰しています。

しかし、どこの取引所でもそうですが「GOXの危険性」はどこでもあるので、レジャーナノS等、各自ウォレットを持って保管しておくのが良いですね。

ぶっちゃけ、仮想通貨は”ハッカーが一番儲けている説”もあるので、資金管理は石橋を叩いて渡るくらいがちょうどいいです。

bitbankアプリ版も追加

以前までbitbankはアプリ版が無くて、そこが少し不便な点でもあったのですが、めでたくアプリ版がリリースされました。

f:id:tetrisotoko777:20180715173935p:plain

仮想通貨トレーダーはスマホ取引する方も多く、フィッシング詐欺リスク等を考慮するとアプリ版が無いのは便利どころかリスクなので、コレは良かったです。

 

登録方法は簡単

登録もササっと完了できる点がbitbankの魅力でもありますね。

まず、公式サイトに飛びます。

公式やで

【公式】仮想通貨ならビットバンク

メールアドレスを入力

f:id:tetrisotoko777:20180316234127p:plain

送られてきたメール内のリンクをクリック。

f:id:tetrisotoko777:20180316234400p:plain

そしてパスワードを設定します。

f:id:tetrisotoko777:20180316234814p:plain

そしてログイン後に登録情報・二段階認証を設定します。

f:id:tetrisotoko777:20180316235141p:plain

【bitbankで使える身分証】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

まとめ

bitbankがオススメな理由をズラっと紹介していきましたが…他の取引所と頭一つ抜けて…ということは正直ないです。

それでもbitbankがオススメな大きな理由が

  • 取引手数料が安い
  • JPY建てでMONA・XRPの取引が出来る

という点。

あんまり宣伝していないこともあって、他の取引所と比較したら使っている人は少ないですが…、知る人ぞ知る優秀な取引所です。

【公式】仮想通貨ならビットバンク

 

〈必要書類〉(いずれか1つ)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(マイナンバー可)
  • 在留カード
~こちらの記事もオススメ

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com