仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

スポンサーリンク

仮想通貨アフィリエイトは稼げる?オワコン?|各社データと経験から分析

17年末-18年始めに、ITに次ぐ歴史的なバブルを起こした仮想通貨…と仮想通貨アフィリエイト。バブルの頂点を記録した1月は、月収1000万円overの猛者もいました。しかも複数人。

僕自身は11月から参入したのですが、それでも結構美味しい額を稼ぐことが出来ました。(今見返すとしょぼい記事ばかりだったのですが)

そして皆さんも体感している通り、仮想通貨バブルは完全に弾けました。それでもあの熱狂は忘れがたく、また、トレードでは無くアフィリエイトで収益化を狙っている方は今でも少なくないと思います

関連記事☞仮想通貨は本当にオワコン?|期待できる理由を紹介:国際送金の確実なニーズと機関投資家の参入、ITバブルの事例より - 仮想空間の片隅に

野心に燃える皆さんが「いざ仮想通貨ジャンルに取り組もう!」と勢い立ったときに、やっぱり気になるのは(仮想通貨アフィリエイトって、ほんとはオワコンなんじゃないか…?)ということ。

結論をいいますと、かなり厳しくはなったけどオワコンではなく取り組む余地はあります

仮想通貨の検索需要:全盛期から8-9割減ったけど意外とある

まずは、仮想通貨にいったいどれほどの検索需要があるかgoogle trendとUbersuggestで確認してみましょう。

google trendは検索キーワードの需要を測るツールです。アフィリエイトするなら必携ツールの1つ。

【過去12ヵ月間の「仮想通貨」と関連ワードのトレンド】

試しに「仮想通貨」「ビットコイン」「リップル」を入力してみました。どれも1/28-2/2を最後に延々と下がっています。ここ数ヵ月は横ばいです。

f:id:tetrisotoko777:20181203191415p:plain

次に使うツールはUbersuggest。こちらは具体的な数値と関連語いも検索できます。有料化したkeywordプランナーの代わり。

【Ubersuggestで「仮想通貨」を検索】

google trendで3つのうち一番検索数の多かった「仮想通貨」をUbersuggestに入れてみました。最盛期は150万回/月の検索数がありましたが、実は12月現在でも30万回/月の検索数があります。

f:id:tetrisotoko777:20181203192123p:plain

検索30万回/月は疑いようもなくビックワード(人気の検索語い)。仮想通貨はとてもオワコンとは言えない(ちなみに「スマブラ」と同じ検索数)し、アフィリエイトもそれなりのアクセスは見込めます。

yahoo知恵袋を覗いてみても「仮想通貨」周りの相談はぼちぼちあります。新規参入もちゃんとあるようです。

”仮想通貨アフィリエイトオワコン説”が流れる理由①

上の検索データの通り仮想通貨に対する需要は疑いようもないのですが、まことしやかに”仮想通貨アフィリエイトオワコン説”が流れています。犯人はだいたいイケハヤ氏

オワコン説の先陣を切るイケハヤ氏、今年の7月に自身のブログで『イケハヤの仮想通貨アフィ収益は、最盛期の「98%減」です。』という記事を投稿しています。

オワコンといっても月50-60万円ほどの収益化は出来ているそうで、一般的なブロガー/アフィリエイターからみれば十分優秀な数値。1月頃に500万円/月のアクセストレード(ASP:広告代理店)の収益表を出していたので98%減は本当でしょう。

イケハヤが間違ってると言いたいところですが、オワコンではないし新規流入もあるものの、他の金融商品と比べて人気が無くなっています。twitterは如実に世相を表していますね。

【「仮想通貨」「株」「為替」ワードのトレンド】

再びgoogleトレンドを使います。仮想通貨と他の金融商品の需要を見比べてみました。仮想通貨は12月-2月まで強かったのですが現在は最下位。

f:id:tetrisotoko777:20181204064508p:plain

実際、僕のブログも10万PV/月ほどあったものが、今では2万PV/月ほどをうろうろ。ただ、仮想通貨に限らず金融商品は高価な案件が多いので低PVでも収益化できます

こういうジャンルになってくると、個人メディアはSEO(検索エンジン最適化:goole検索結果の上位に記事が来るように施策をすること)を踏まつつ、それと同等にニッチワードでのコピーライティングが大事になってくるように思います。

PVは多いに越したことはないし直接的に売上につながるものでもありますが、金融ジャンルはちゃんと書けば5千~1万PV程度でも数万円/月は狙えます。

"仮想通貨アフィリエイトオワコン説”が流れる理由②

また、超高額アフィリエイト案件が無くなってしまったこともオワコン説が流れている理由の1つ。

例えば有名なコインチェックのアフィリエイトでは最大23000円の報酬。ビットフライヤーも最大23000円、Zaifはコイン積立アフィリエイトで最大30000円の報酬が支払われていました。

仮想通貨の価格だけではなく、アフィリエイト案件もバブルでした。ピークを過ぎて…CCとZaifはハッキング、bFもマネロン対策不備で窮地に立たされています。

しかし、高額案件こそ無くなっているとはいえ数千円クラスの美味しい案件は普通にあります

普通に「口座開設」ワードをダイレクトに狙うのは厳しい:GMOコインのデータから

皆さん仮想通貨アフィリエイト=口座開設のイメージがあると思います。実際、口座開設以外の仮想通貨アフィリエイトはほとんどないのが実情です。

しかし、少し前ならともかく口座開設だけ狙うと結構厳しいです。

そのことを裏付ける資料があります。

仮想通貨アフィリエイトに取り組むにあたり、決算報告書を公開しているGMOのデータは非常に参考になります。株主や金融庁に報告するものなので嘘も書けません。

f:id:tetrisotoko777:20181204072835j:plain

口座開設人数は2月から1万人/月ペース。この人数をGMO公式サイト・大手仮想通貨法人サイト・CPC広告・アフィリエイターと取り合います。

単純計算して、数多の競合から1%のシェア(100人/1万人)を奪うって中々難しいですよね。普通に取り組むと厳しいです。

これは、仮想通貨アフィリエイトに限った話どころか事業全般に通じることですが、商品を成約させるために知識を集めて策を練る必要があります。結局どの分野にしろ競合は多い。

読んでいる皆さんが、”資本金が無く””個人メディア(ブログ)展開”を考えていると仮定して工夫例を紹介します。

もし資本金があれば、ライターを雇うなどして記事の量産して力業でPVを集める方法もあります。例えばキュレーションサイト、今でも意外と悪くない収益が出せるみたいです。

【アフィリエイトに取り組む際の工夫例】

  • 少ない人数(PV)でも高単価商品を紹介する
  • (ターゲット属性は同じ)全く別の切り口から流入させる
  • 検索需要を無視してすぐに商品が欲しい層に絞る
  • トレンドに乗っかる(例:CCハッキング)
  • アフィリエイトの無い記事を書く
  • 株価の動向やニュースから未来を先回りして書く

 個人/零細のアフィリエイターや起業家は、ひと山当てるまで延々とコロンブスの卵をし続けるしかないです。ただ、だからこそ少ない労力で大きな結果を出せたり、専門的なポジションを得てインターネットを超えた影響力を付けることもできます。

上の例から1つ紹介すると、たとえばCCハッキング-謝罪会見のときには30分で書き上げた記事が1分間に40PV以上を記録。その際にハッキング対策⇒ナノ・レジャー等のハードウォレットを紹介するアフィリエイトが上手く行きました。まさに少ない労力で大きな結果を得た例です。

また、後に再度紹介しますがA8.net は自己アフィリエイト案件が多い。自分で購入/資料請求/口座開設などするとお金が振り込まれます。収益が発生しにくい初期ブログでは必ず利用しておきたいです。

仮想通貨に絞るのではなく金融トレンド全体をみてみる:ロボアド/FX自動売買で小さなバブルが起こっている例

仮想通貨ジャンルと近いところにあるロボアドバイザーと自動売買(FX)ツールは今バブルになっていることはご存じですか?

例えば、16年7月にリリースしたウェルスナビ株式会社のロボアドバイザーWealthNavi は、SBIホールディングスやSMBCベンチャーキャピタルなど日本屈指の大手金融機関から10億円以上の融資を受けているサービス

元・仮想通貨特化型ブロガーの小林亮平氏はバブル崩壊を見越していち早くロボアド方面に舵を切っています。

【元銀行員が解説】WealthNavi(ウェルスナビ)の評判・メリット・デメリット|運用実績も公開! | Bank Academy

先ほど「仮想通貨オワコン説」を唱えていたイケハヤ氏も素早くロボアドに食指を伸ばしています。

【第5週】初心者向けロボアド「ウェルスナビ」、今週は「9.75%」のリターンでした。 : まだ東京で消耗してるの?

仮想通貨バブルが崩壊するとほぼ同時期に、ロボアド/自動売買に小さなバブルが起こっているのです。上の2人は賛否両論あるインフルエンサーですが、このバブルを見逃さない商才はすごい

もひとつ話題になっている自動売買(FX)ツールの方をみてみましょう。こちらはちょっとアングラ臭がする方法でバブルを確認することが出来ます。

ブログ運営者でも知らない方は多いと思います。infotopというASP(広告代理店):特徴は情報商材がダントツで多いこと。※もちろんマトモな商品もあります。例えばコピペリンはライター外注するなら必須アイテムです。

infotopを覗いてみたらわかります。(あ~・・・)となるような商品の数々。もしかしたら陳列されている商品を買ったことある方もいるかもしれません。

そしてinfotopの金融カテゴリで「自動売買FX」関連の商品は全体的にランキング順位が高いです。 

冗談みたいな話ですが、売れてる情報商材や詐欺現在の世相をハッキリ表しています販売者にならなくても今のトレンドを確認することに非常に役立ちます。ちなみに、ひと昔前はICO関連の商材で占められていました。

今、競合の多い金融を避けてロボアドを紹介していくのは悪くない選択肢。僕も積極的に記事にしていくことを考えています。

自動売買ツールも小バブルですが、情報商材を記事にするのは結構胆力がいります(なんとなく分かりますよね…笑)。初心者は社会的信頼のある大手ロボアド会社を記事にすることをおすすめします。

▼今注目されているロボアドバイザーWealth Navi。会員登録無料なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を
開発元:WealthNavi Inc.
無料
posted withアプリーチ

失敗談:仮想通貨アフィリエイトでやってはいけない

かれこれ1年以上は仮想通貨アフィリエイトに取り組んでいる僕が経験から学んだ「やってはいけない」ことを紹介します。コピペなど当たり前すぎることは省いています。論外です。

アフィリエイトに限らず、どうも成功法則よりも失敗法則を学んで避けていくほうが確実性は高まるような気がします。

【仮想通貨アフィリエイトの失敗例】

  • マイナーすぎるコインの紹介
  • アフィリエイトの理解が甘かった
  • 先人の記事を参考にして書くこと

他にも細々としたところはキリが無くて、また今でもやりきれていない部分は多いのですが、主に後悔している点はこの3つです。

まず「後悔①マイナーすぎるコインの紹介」。

f:id:tetrisotoko777:20181204193847p:plain

一例を挙げると僕はBread(BRD)という仮想通貨で検索順位7位を取っています。BINANCEにも上場している銘柄です。

f:id:tetrisotoko777:20181204121428j:plain

日本人から人気度高いBINANCE上場銘柄だから結構来てるはず…と思いきや、アクセスは10/月あるかないか…というレベルです。1日1アクセスも来てない

”マイナーすぎる”のマイナーに含まれるコイン、草/マイナーアルト勢からみて有名なものでも検索されないものが多いことに注意です。世間のマイナーアルト熱ってマジでない。(たぶん)XRPやETCがマイナー、XLMって何それ美味しいのレベル。

先ほどのUbersuggestで調べてみました。「DOGE」の検索回数すら110回です。少なっと思いますがまだ全然いい方。

1月2月までマイナーアルトの検索需要もそこそこあったんですけどね、当時の勢いで書いた草コインの記事は全く収益化できていません。リライトする気力も起きず大量に消すハメになりました

冒頭で「金融系にアクセス数は関係ない」と書きましたが…BRDみたいに1ヵ月10アクセスはさすがに厳しい。少なくとも月100は欲しいところ。(目安が一般的に100PV:1成約)

次に「後悔②アフィリエイト理解が甘かった」こと。

f:id:tetrisotoko777:20181204194113p:plain

少し中級者のような内容になります。後悔はしていますが、当時の僕が完璧に理解するのは割と無理ゲーでした。

検索ボリュームの把握が甘かったことはもちろん、検索⇒成約までの導線も結べなかったし、背景にある”検索して記事に辿り着いた人”を全然想定できていませんでした

今も「出来ている」とは言えないですが、当時は理解することを半分放棄しており、またバブル崩壊の足音に焦る気持ちもあって「とにかく目立っているワードを拾ってPVを集めればいい。質は二の次」とスゴイ考えをしていました。

…正直、当時の立ち回りとしてあながち間違いではないんですけど、バブル+参入者が少ないからこそ成り立っていた手法であり、今は通用しないです。(ただし人員を雇える資本があれば別)

この記事も半年ほど経った後にせっせとリライトしていますが、ほぼ全文書き直しです。

そして「後悔③先人の記事を参考にして書いた」こと。

f:id:tetrisotoko777:20181204194315p:plain

これは1番後悔していることです。あ、パクリとかコピペでは無いですよ。

例えば…皆さんもbitbankでググってみてください。同じような記事がわらわら出てきます。評判・メリット/デメリット・口座開設…

僕の後悔でもあるんですけど、皆さんやりがちなことなんです。よほどドメインパワー(月間アクセス数等ブログの強さ)に差が無いと、同じ切り口で後発が勝つのは無理です。じゃあどうするか?コロンブスの卵をするのです。それが結果的に一番アクセス取れます。

システム的な面からみてもgoogleは同じ内容の記事を嫌う傾向にあります。また、検索ユーザーの気持ちになって考えても、同じ内容の記事ばかりだとうんざりしますが、そのなかに全く別の切り口の記事があったらクリックしたくなりませんか。

とんち勝負をせず単に言い回しを変えて競合が少ないところを狙う手段も非常に効果的。

SEO Packが発表した2017年の『Google検索順位別クリック率データ』を見てみましょう。

1位がクリック率21.15%であるのに対し10位は1.64%です。他の年でも微妙な変動こそありますが大きな変化はないです。

f:id:tetrisotoko777:20181204131955j:plain

このデータを使って月間見込みアクセス数を推定してみます。

「月10000PVで検索上位を取る場合」と「月1000PVで検索上位を取る場合」で比較してみました。

f:id:tetrisotoko777:20181204133339p:plain

まず、月1000PVワードで上位を取るのと10000PVワードで上位を取るのでは、かかる労力が全く違ってきます。一般的に狙うワードが大きいほど上位は取りにくいです。※口座開設ワードなど検索が少なく競合が多い例外もあります。

しかし、このようにアクセス数で10倍の差があっても、1000PVワードで1位を取れば10000PVワードで7位-8位に入ることと同じアクセス数が見込めます

3つ目の後悔は長くなりましたけど、僕自身がトップと同じワード/切り口の記事を書いて上位表示されずもがいた経験が何度もあったのです、、

たぶん勉強をそこそこ頑張った人こそ陥りやすい罠だと思います。テストや入試と違い、再現性の高いところは資金の無い個人が新規参入する旨味は薄いのです。

仮想通貨ジャンルに使えるおすすめアフィリエイト(ASP) 

実際に僕も使っている、仮想通貨ジャンルが充実しているアフィリエイトサイト(ASP)を紹介します。

bitMEXやBINANCEなど海外取引所は別ですが、アフィリエイトは基本的にASPと呼ばれる広告代理店を通して案件を受注します。

f:id:tetrisotoko777:20181204181427j:plain

ASP=Appliciation service provider(アプリケーション サービス プロバイダー)の略。インターネットを通じて、アプリケーションを提供する事業者・事業形態のこと。

f:id:tetrisotoko777:20181204182453p:plain

仮想通貨ジャンルに限らず、アフィリエイトするなら必ず登録しておきたいASP。それはA8netです。

A8の良い点はサイトを持たなくても登録出来て、しかも審査が無いのですぐに始められるところ。

品ぞろえもトップクラスで、仮想通貨案件や先ほど紹介したロボアドバイザーの案件も充実しています。

>>A8.net

f:id:tetrisotoko777:20181204183133p:plain

続いて様々な点で優れているおすすめASPを3つします。まずはアクセストレード。A8net以上に金融系ジャンルが優れています

しかし、サイト審査が必要でハードルがあるために「おすすめASP」として紹介しました。

>>アクセストレード

面白いのがsmart-cとZucks。A8やアクセストレードには無いアプリ系ジャンルの品ぞろえが多い

アプリの利点としてCVR(商品が売れる率)が高いということ。 ダウンロードするだけで報酬が発生するものも多いので、ぜひおすすめです。ゲームアプリとかで遊ぶ人は強いです。

仮想通貨と関係あるの?と思うかもしれませんが、しばしば「証券系」アプリが登場することがあるんですよね。(不定期的に出たり消えたりする)

記事の最後にちょこっと、仮想通貨とアメ株を比較しつつ某アプリを紹介したときは…ニヤケっぱなしになるくらいDLされました笑。

Smart-cはアプリ系アフィリエイトの王道ですね。取扱件数も多いので、アプリを扱うなら登録しておきたいところです。

>>Smart-C

Zucksはかなり変わった案件も多く(え、こんなのも紹介できるの??)と驚くと思います。

>>Zucks

f:id:tetrisotoko777:20181204185256p:plain

おまけで使うASPを2つ紹介します。おまけといいつつも、アクセスが集まると収益が爆発するのでメインで使っている方もいます。

おまけの1つgoogle adsenseはクリック報酬型アフィリエイト商品が売れなくてもクリックされるだけで収益が発生します。もう1つはAmazonです。

まず、アドセンスは最近のyoutuberもメインで使っているのでご存じの方も多いかと。

僕もこのブログにペタペタ張っています。クリックもぼちぼち発生します。

>>google adsense

そしてAmazonアソシエイト。メインで使っている方も多いですが、僕はサブ的につかっています。(ついでに報酬発生してくれたらいいな)くらい。

本1冊売っても80円くらいにしかならないです。しかも、本って1冊1000円程度とそこそこ高い。

…でも、相当適当に売っても、チリツモでアベレージ4000円/月くらいまでは意外と伸びます。先ほど紹介したクリック型報酬2つもそうですが、小さな発生でも案外バカにならないです。

>>Amazonアソシエイト

f:id:tetrisotoko777:20181204191047p:plain

最後にアフィリエイトでもかなり使える海外取引所仮想通貨ブログで収益化狙うなら登録しておきたいところを2つ紹介します。

その2つとはbitMEXとBINANCE。特にbitMEXはFXメインの取引所で手数料が最大20%入ります。FXがメイン、つまりレバレッジをかけておくのが前提なんですよね。

登録者によってはかなりの額が入ってきます。僕は人数こそ入れてないですが…結構美味しいです。毎月数万円也(※多くはない)

登録必須レベルの項目に入れたいところですが…これがマジで競争が厳しい。しかも今マーケットにいる人は基本的に登録しています。4月-7月ならまだしも、現在は滅多に入らない。

しかし、大口がリンクを踏んで登録したら、マジでMEXだけで生活は成り立つと思います。サイトやtwitterにお祈りしながら貼っておきましょう。

>>bitMEX

そしてBINANCE。こちらも競争が激しく、また基本的に登録済みの人ばかりです。FXも無いのでMEXより収益化が狙いにくい。

僕、BINANCEはアルトブームのオワリに乗っかれたところがあってbitMEXの10倍の人数は入れたのですが、収益はMEXの方が多いです。

次のバブルが起こったときは、まず注目される取引所でもあります。そういう点でリンクを持っておく価値のある取引所です。

>>BINANCE

 

▼合わせてどうぞ

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com

heiwa-tetris.hatenablog.com