仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

ビットコイン先物取引がスタート!|メリットとデメリット・どういう取引かサクッと解説(初心者向け)

スポンサーリンク

おつかれさまです、「億り人」になりたいてとりすだんちょーです。

ビットコイン先物取引が12/11の8:00からスタートするみたいですね。

初心者向けに、「先物取引とはなんぞや」という点を書いていきます。

ビットコイン先物取引って?

「先物取引」は投資家以外、あんまり聞き覚えの無い単語だと思います。

  • 現在の価格で将来に商品を売買する取引のことです。

先物取引では、あらかじめ売買の価格を設定して契約するため、将来の価格が現在の価格より値上がりすると予想すれば将来購入する先物取引契約をすればよく、逆に将来の価格が現在の価格より値下がりすると予想すれば将来売却する先物取引契約をすれば良いということになります。

先物取引とは - 株初心者に贈る株式投資入門

 

ビットコインが100万円/1BTCで売買できるとして、

  • 未来が120万になると予想→今買っておく
  • 未来が80万になると予想→今売っておく

といったように取引の自由度が広がります。

ビットコイン先物取引にメリットはあるの?

正直、選択肢が広がるといってもビットコインの値動きなんで分からないので微妙なところですが…

実は、先物取引は「より大きな金額を扱えるようになる」メリットがあります。

先物取引は「証拠金取引」のひとつなのですが、「証拠金取引」は通常差し入れる額よりも少額になります。

少ない金額で大きな額を買えることで、文字通り大きく得をするチャンスが生まれたのです。

ビットコイン先物取引のデメリット

ビットコイン先物取引にも当然デメリットはあって、言うまでも無く損失リスクです。

あらかじめ決められた金額で取引をするので金銭的にリスクがあります。

上がると予想して買ったビットコインが予想に反して下がってしまった場合、泣く泣く損失を引き受けるしかないです。

 

ビットコイン取引所No1とNo2

他のビットコインに興味がある皆さんも載せているのですが…ダウンロード数1位と2位の取引所を載せておきます。

僕もCoincheckとBitflyerは登録しています。

特にCoincheckはチャートが見やすい点・トラブルへの対応が早い点で評判が良いです。

  • No1:Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

国内トップの人気を誇る取引所、対応が早く安心感があります。

  • No2:Bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

資本金の多さはBitflyer、先日もモナコインをプレゼント企画していました。

 

評価の高いビットコインの書籍