仮想空間の片隅に

Live in 仮想空間

マンガBANGで読める福本伸行作品、カイジ以外にも原点の『天』から『一日外出録ハンチョウ』まで超幅広い!

スポンサーリンク

マンガBANGで読める福本伸行作品がマジで幅広い

秋は読書の季節ですが、マンガとアニメ映画、アニメじゃなくてもコメディ映画を漁っております。いや~健全すぎる・・・!

僕はカイジを高校の始めくらいに初めて手に取ったんですけど、あれは衝撃でしたね。

なんかカクカクしてて不自然な作画に「ざわ・・・ざわ・・・」という独特すぎる効果音、なのにすげー緊迫感があって面白い

もう、一気に福本伸行先生のファンになりましたね。

マンガBANGでもカイジシリーズは多くそろえているんですが、カイジシリーズ以外の福本作品も多く長年のファンからしても「え、こんなのまで置いてるんだ」ってレベルの幅広い作品を扱っています。

ひとつひとつ紹介していきます。

※マンガBANGに置いてある作品は途中まで無料で読めます。(たまに全巻無料で読めるキャンペーンも行ってます

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ

賭博黙示録カイジ

上京後、自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日、金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押し付けられ、法外な利息により385万円にまで膨らんでいることを知らされる。遠藤に誘われるままカイジは、負債者に借金一括返済のチャンスを与えるという、フランス語で「希望」の名を冠すギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。

 有名な「ざわ・・・ざわ・・・」という効果音黒服はさっそく出て来て、また藤原竜也主演の映画で採用された「限定ジャンケン」も賭博黙示録カイジで出てきます。

賭博破戒録 カイジ

拉致されたカイジは帝愛グループの地下施設で強制労働をさせられることになった。カイジは一日外出券を得るために金を貯めようとするが、所属するE班の班長・大槻の巧みな篭絡により金を使い果たす。

大槻はさらにカイジに給料を前貸しし、自身の主催する「地下チンチロリン」に誘い込む。大槻に大敗を喫してさらなる借金生活に追い込まれるも、カイジは大槻のイカサマに気づき、自分と同じ境遇にある通称「45組」の5人と団結し、打倒大槻のために決起する。

賭博破戒録カイジでは、後にスピンオフ作品の主人公にまでなるハンチョウが出てきます。

ハンチョウ、人心掌握術が巧みな〈デキる悪役〉でキャラクターに味があります。(なんで地下施設に入ることになったんだろうか)

1玉4000万のパチンコ〈沼〉が出てくるのも賭博破戒録カイジです。

賭博堕天録カイジ

 カイジは地下で仲間だった三好・前田と再会し、彼らが勤める裏カジノの社長・村岡からギャンブルで巻き上げられた給料を取り返すよう依頼される。カイジは必ず返すと約束して坂崎から300万円を受け取り、村岡が考案した変則麻雀17歩」で勝負する。

限定ジャンケンや パチンコ『沼』と違って、麻雀のルールが頭に入っていないと楽しむのが難しい作品です。(麻雀を知らなかったのでチンプンカンプンでした)

麻雀を知ってる人いわく「最後の勝ちの手法は素晴らしかった」んだそうです。

賭博堕天録カイジ 和也編

 思いかけず再び孤立無援の死闘となった「17歩」で、カイジは4時間に及ぶ乱戦の末に村岡を下し、4億8千万円の大金を得る。

そして勝負の立会人となっていた兵藤会長の息子・和也に勝負を申し込まれ承諾する。カイジは帝愛グループ傘下のレストランへ案内され、小説家という和也の目標と、その「取材」のためにたびたび危険なギャンブルを企画し、多くの人命を奪ったその所業を知る。

まさかの兵藤会長の息子が出てきます。

小説の取材のために命の保証も無いギャンブルをさせるというカイジに出てくるキャラクターらしい壊れっぷりです。

賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編

 疑念と保身、友愛と自己愛を巡る死闘の末、光山の裏切りによって「救出」は終了。カイジは敗者となったマリオ・チャンの7045万円の負債を肩代わりし二人を救命、さらに仲間に引き入れる。

しかし和也は似非の友情と決めつけ激怒、カイジらを潰すため、新たなギャンブル「ワン・ポーカー」を提案。カイジVS和也の対決の火蓋が切られた。

 和也いわく、完全公平なギャンブルでルールもカードの数字を競うという簡単なもの。

しかし、ゲームオーバーになったら確実にあの世行きという容赦ない罰が待っています。

賭博覇王伝 零 

 義賊として世間を騒がせた少年・宇海零とその仲間は、大富豪・在全無量が建設中のギャンブルと遊園地の融合施設「ドリームキングダム」に呼ばれる。

在全が全財産を賭けて参加するギャンブルの代打ち、すなわち王を求めている為、零や他の者たちが集められたのだった。

カイジシリーズと違って、週刊少年マガジンでの連載ということもあり血生臭い表現は控えめになっています。

主人公も、端正な顔立ち(顔立ちはどこかカイジだけど)で日本トップクラスに勉強が出来て運動神経もバツグンという少年誌らしい厨二設定です。

血で血を洗うギャンブルというよりも、謎解き要素が多く少年向けなのは確かですけど、20を越えた大人にとっても普通に面白いです。

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編

賭博覇王伝零の続きですが、なぜか突然数年後に話が飛んでいます。

学生チャンピョンの天才ゴルファーに零が挑むという内容で、当然に福本作品要素が込められていて、なぜかトランプを使ったり超変則的なゴルフが展開されます。

中間管理録トネガワ 

帝愛グループの兵藤会長の退屈を紛らわす余興を企画するため、最高幹部の利根川は部下の11人の黒服を集め「チーム利根川」を結成。会長の横やり、部下からの信用失墜の危機、病気、部下の失態、計算外のアクシデントに悩みながらも、プロジェクト遂行へ向け奮闘してゆく。

カイジのスピンオフシリーズの1つで、帝愛グループの日常的なシーンが描かれています。

カイジ作品の中でも有名なワンシーン〈焼き土下座〉のプレートで利根川が焼肉するのがくっそ面白かったです。

1日外出録ハンチョウ

帝愛グループの債務者たちは地下の劣悪な強制労働施設に収容され強制労働に就かされている。そこで己も債務者ながら、E班の班長を務める大槻は「1日外出券」を使って地上に戻り、飲み食いを楽しむ

理想の上司だった利根川と違い、ハンチョウ(大槻)はスピンオフ作品でも小悪党っぷりを発揮します。

小さな悪事を働き些細な勝利を全力で楽しむハンチョウの姿が描かれていて、これがコミカルでいいキャラしてるんです。そして飲み食いを楽しむ飯テロ漫画です。

最強伝説黒沢 

2002年12月、穴平建設に勤務する現場監督・黒沢は、ふとしたことをきっかけに、自分の人生が余りにも満ち足りていないという事実に気付き、焦りを覚え始めていた。おりしも44歳の誕生日、その日を誰にも祝って貰えなかった黒沢は「人望が欲しい」という欲求を抱き、これを機に人生を変えようと奮闘する。

 

基本的に福本作品は非日常的なギャンブル漫画を描いてるんですけど、最強伝説黒沢は反対に日常的な冴えない男のギャグ漫画です。

クズや冴えない男を描くのがとても上手いというか、主人公の黒沢も44歳で独身・仕事でもうだつの上がらない立場という涙が出そうな設定です。

中学生相手にケンカをするなどして、ちょっとずつ黒沢は視野を広げていきます。

新黒沢 最強伝説

最強伝説黒沢の続編です。

最強伝説黒沢のラストで大勢のヤンキー中学生とケンカをして、勝利を収めるものの意識を失い8年の時が経っていました。

8年の間に職も解雇された黒沢はホームレスになり、河原で他のホームレスと日常を送ります。

天ー天和通りの快男児

 「理」によって麻雀を打っていた井川ひろゆきが、「理」以外のもので打つ天貴史と出会うことから物語は始まる。

当初麻雀人情ものとして連載がスタートしたが、徐々に麻雀勝負ものへと移行した。この作品により福本伸行は従来の人情物作家から脱皮し新境地を開拓した。このため作者の漫画家としての成長過程をたどることができる作品ともなっている。

 福本作品の長期連載漫画に『アカギ』がありますが、実は『天』のスピンオフ作品なんです。

1989年に連載スタートした作品で、まだ絵が(原型こそあるものの)今の福本作品のようにエッジが効いていないです。

主人公が大学生相手にイカサマ麻雀を打つなど、今の福本作品のベースとなっている人間の小賢い部分はしっかり描かれています。

アカギ

 同著者作品『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた作品。

他の作品同様、その人気の所以は人間の内面を事細かな心理描写をもって表されているところにあり、2016年現在、福本作品の中で最長連載期間を更新し続けている(単行本数は『賭博黙示録カイジ』シリーズの方が多い)。

 『天』と同じく麻雀をテーマにした漫画ですが、福本作品の真骨頂である徹底した心理描写が描かれています。

一見、麻雀を知らない人はハードルが高そうな作品ですが、1巻ではアカギが麻雀を覚える描写が描かれているため麻雀の基礎的な知識も学べるので、麻雀の知識が無くとも楽しめます。

ワシズ 閻魔の闘牌

アカギ 〜闇に降り立った天才〜』(以下『原作』とする)の鷲巣巌を主人公としたスピンオフ作品。

そのため『天 天和通りの快男児』から辿るとスピンオフ作品のスピンオフという位置づけになる。戦後の昭和23年(敗戦から3年)の日本を舞台に彼が財政界のフィクサーとなる過程とその活躍を描く。

 アカギに登場する最大のライバル、鷲巣を主人公とした作品です。

『アカギ』の20年前の時代設定で、昭和23年のアメリカ占領下にある日本で、若き日のマッチョな鷲巣がアメリカ兵相手に麻雀を打ちます。

銀と金

裏社会を生きる男達の、株の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼や復讐に身を委ねた男と命を懸けた死闘、さらに福本得意のギャンブル勝負を描いた作品である。

裏社会、麻雀、心理戦と福本作品のド王道を行く作品で『アカギ』『カイジ』と並び称されています。

福本作品は主人公に付け入るスキ、心の甘い部分がある人物が多いのですが、銀と金の主人公である銀王は弱者にも強者にも全く慈悲が無いのが特徴的です。

無頼伝涯

冤罪に陥れられた少年・工藤涯の自らの無実の証明と更生施設「人間学園」からの脱獄までの闘い、真の自由と自立を追い求める姿を描く。

本作は福本が『熱いぜ天馬!』以来、久しぶりに『週刊少年マガジン』に挑戦した作品である。その内容は、犯罪・監禁・矯正という、少年誌では表現の難しいテーマを扱っており、格闘や脱走などアクションシーンを多分に盛り込むなど、今までの福本作品とは一線を画している。

他の福本作品同様、心理描写が徹底されており”惨め”の表現はやはり秀逸です。

福本先生自身も『無頼伝涯』には絶対の自信を持っていたのですが、実は打ち切られています。

少年誌らしからぬ福本作品独特のネガティブな表現や緻密すぎる心理描写が、主な読者層の子供たちにウケなかったようです。

近代麻雀0号

近代麻雀の人気連載漫画が、なんと第1話×13作品無料で読み放題!! 「アカギ」「兎~野性の闘牌~」「むこうぶち」「ムダヅモ無き改革」「BW(ビューティフルワールド)」「麻雀小僧」「鉄火場のシン」「鉄鳴きの麒麟児」「HERO」「雀荘のサエコさん」「脱衣転生」「椿」「ゴールドハイ」未電子化の新連載作品も収録している、電子だけの豪華特別版!!!!

福本作品だけではなく、近年の麻雀をテーマにした作品が1話ずつ収録されているという変わった内容です。

生存~Life~

1999年4月、大手企業に勤める武田は、亡き妻と同じ病気を患い、余命半年だと病院で告げられる。

武田は一度は自殺を試みようとするが、その矢先に長野県で14年前の1984年9月に失踪した娘・佐和子の遺体が発見されたと知らされる。娘に対する殺人の公訴時効が後半年残っていることを知るに至り、会社を辞めて残された命で、娘を殺した犯人を捜すことを決意する。

 原作は福本伸行さんですが、作画は『アクター』や『太陽の黙示録』で知られるかわぐちかいじさんです。

当時の法体系の是非を問うような作品で、福本伸行先生の緻密な心理描写×かわぐちかいじ先生の巧みな表情やしぐさの表現が組み合わさってます。

2002年にはテレビドラマ化までされるほど反響を呼んだ作品でした。

告白~コンフェッション~

J大学の山岳部OBである浅井と石倉はたった2人で、仲間達と2年ごとに登るのが恒例の山、標高3000m級の尾張山を登っていた。今回に限って他の面々が都合がつかなくなったからだ。だが、2人は猛吹雪に視界を失い、石倉は足を踏み外して転落しかけた際に片足を強打し、骨折してしまう。本来宿泊する予定だった第3山小屋は近いはずだが、吹雪のせいで影も形も見えない。

そんな中、自らの死を覚悟した石倉は浅井に対して告白する。かつて事故死したとされる山岳部のメンバーの女性、さゆりを自分が殺したのだと。

生存と同じく、福本先生とかわぐち先生のコラボ作品です。

単行本は1巻でサクっと読めるのですが、内容は濃く大人も唸らせるような作品です。

HERO アカギの意志を継ぐ男

アカギの死から3年。アカギを慕い、共に戦った井川ひろゆきは、その遺志を継いで雀士としての人生を歩む。

しかし勝利を重ねるたびに湧き上がるアカギに近づけたのかという悩みの答えを求め、天に勝負を挑む。一進一退の攻防の末、決着が着こうとしたその時、電話の着信により卓を離れた天はそのまま戻らず行方不明になる[1]

 原作が福本先生で、作画は前田治郎先生です。

『天』で行われた赤木の告別式以降の、主人公ひろゆきの成長を描いていており、麻雀というよりも麻雀を通じたひろゆきの成長にスポットが当てられています。

まとめ

有名な『カイジ』『アカギ』以外にも、マイナーだけど心理描写がエグい緻密な『無頼伝涯』や、原点の『天』まで収録しているのは一言でヤバイです。

福本伸行作品以外にも、4万冊以上そろえている大大大ボリュームのマンガアプリですね。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ