ユニークTライフログ

イマをハックする

裁判長!ここは懲役4年でどうですか?って漫画化されてたのを初めて知った。面白いので紹介!

スポンサーリンク

裁判長!ここは懲役4年でどうですか?

僕が初めて手に取ったのは、法学部への進路をうっすらと頭に思い描いてた高校1年生の頃でしたね。(法学部の理由は世の中のルールを知りたかったのと、なんかモテそうだったから)

裁判所という日本トップクラスに真面目な場所で、物凄いズレた犯人や素っ頓狂な裁判官の発言等をまとめたノンフィクションエッセイです。

殺人・強盗・覚醒剤など、法廷内ではさまざまな人間模様が繰り広げられる。実際に著者が東京地裁で傍聴した裁判の中から、印象深かったものをピックアップしたエッセイが鉄人社の雑誌『裏モノJAPAN』で連載された。それらをまとめた単行本が2003年に書籍化された。2007年には、続編となる『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』が出版された

Wikipedia

文庫本で、真面目っぽい表紙をしていますが中身は至って不真面目です

たまーにインテリっぽい被告人も出てくるんですけど、基本的には『ウシジマくん』に出てくる人並みにどうしようもない登場人物ばかり。

裁判所のなかで新喜劇みたいなドタバタコメディ(しかもノンフィクション)が展開されるので、まぁ面白いですよ。

続編もあります

『裁判長!ここは4年でどうですか』は傍聴ブームまで巻き起こした人気作で、1年後にはさっそく続編『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』が出ました。

僕は高校生の頃どっちも読んだのですが、前作と同じく真面目な場所で起こる不真面目なコントがすげー面白かったです。

どっちの作品か忘れたのですけど、阪大生がアウトなバーを経営していた回が印象に残ってますね。

すげぇキレたインテリがいるんだなぁと受験を意識してた頃はなんか憧れながら読み進めてました。

漫画化されてたんだ

僕が『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』シリーズが漫画化されたのを知ったのは、マンガBANGの「全巻無料キャンペーン」に追加されてたことがきっかけでしたね。

様々な作品が全巻無料で楽しめる素晴らしいアプリなんですけど、9/15日に『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』も追加されてました

漫画化されてたことに驚いてたのですが、もっとビックリしたのが13巻まで出ていたことです。

いや、マジで凄いと思います。

登場人物

まさかの主人公が著者の北尾トロ先生です・・・というか傍聴する人が主人公ってシュールすぎやしませんかね()

  • 北尾太郎…28歳。エアコンの営業マン。ふとしたきっかけで傍聴の虜になる
  • 美和…女子大生。傍聴をきっかけに検事を目指している
  • 舞岡さゆみ…太郎の大学の後輩。傍聴仲間
  • シゲさん…ベテラン傍聴マニア
  • 川崎鉄平…美和の法律サークルの後輩
  • 千原ジュニア…傍聴者として本人役で登場

北尾先生がエアコンの営業マンというのもちょっと面白いですけど、千原ジュニアさんが出てくるのは衝撃ですね。

第五巻のエピソードとして本人役として登場するんですけど、実際に千原ジュニアが体験した傍聴談を元にして構成しているみたいです。

テレビドラマ化

『傍聴マニア09~裁判長!ここは懲役4年でどうすか~』というタイトルで放送されました。

当時もうっすらと『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』が流行っているのを肌で感じてはいましたが、ドラマ化までされたのにはビビりましたね。

しかも、1話だけのドラマとかネット放送とかじゃなくて10話しっかり放送されて、主演は向井理さんでした。

ちなみに、向井理の連続主演初のドラマが『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』です。いやぁ凄い。

映画化までされていた

たぶん著者の北尾トロさんもここまでクリーンヒットすると思わなかったんじゃないですかね。

2010年の11月に『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』が公開されました。

主演はバナナマンの設楽さんで、またも記念すべき映画初主演作品です。

テレビドラマは漫画を元に台本を作ったそうなのですが、映画はエッセイを元に再現しています。

また、スピンオフドラマで『裁判長!トイレ行ってきていいですか』で相方の日村さんが初主演をかざります。(斜め上すぎるドラマですね)

空前絶後の傍聴ブーム

『裁判長!ここは懲役4年でどうですか』がきっかけとなって、空前絶後の傍聴ブームが沸き起こりました。

www.cinra.net

それまで法廷ドラマというか、弁護士と検事が戦うストーリーはあったのですが傍聴に焦点を当てた作品は無かったですからね。

しかも、裁判の傍聴というのは意外とハードルも低く足を運びやすいんです。

人気のある裁判だと傍聴券が必要になりますが、そうでない裁判は何の許可も必要無いですからね。

まとめ

高校の頃にゲラゲラ笑いながら読んでいたエッセイが、まさか漫画化されてるなんて知りませんでしたね。(ドラマ化と映画化は耳にしてた)

しかも全13巻とかなりの長編で千原ジュニアまで出てくるのは、もう意外すぎて面白いレベルです。

マンガBANGで全巻無料キャンペーンの1つに入ってたので、これは読みたいです。

マンガBANGはジャンプ系の漫画なども多くそろえていてジャンルが幅広いので、数ある漫画アプリの中でもオススメのアプリですね。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted with アプリーチ