ユニークTライフログ

イマをハックする

ひろゆき著の本を紹介!伝説の1冊目から『無敵の思考』までおすすめ全11冊

スポンサーリンク

前書き

おつかれさまです。

今年の7月に、『無敵の思考』が発売されました。

タレント本かと思いきや、読んでみたら結構実用的で「こうすりゃコスパ高いよ」という言葉で不要なプライドを上手に落とせる本でした。

また、『無敵の思考』については後述するのですけど”ひろゆきさんおススメの本”まで載っていて、こちらはまた面白そうな本でした。

ところで気になったのが、『無敵の思考』に限らずひろゆきさんの本って書店でチラホラ見るんですよね。

どんだけあるんやろ、と思って調べたら結構書いてて、表紙を見て笑っちゃったのもあった(失礼)んで紹介していきます。

・・・ところで、こんな記事を発見しました。

blogos.com

このBLOGOSに掲載されている記事、「ひろゆき 本」でググると1ページ目の上の方に出てきます。

(いや、ひろゆきさん、あんためっちゃ本出しとるで。あなたとホリエモンめっちゃ出しとるやないですか。)

元祖社長日記

目次 

元祖しゃちょう日記です
2ちゃんねるトラックバック
blogと言えばトラックバック
勝手にトラックバック
楽天広場がRSSフィードを開始
トラックバックを送ったことを忘れませんか?
お申し込みいただいた後は解約ができません
見積もり苦手論
ホームページ改竄部を自動復旧する技術
ニフティのココログの不思議なドメイン〔ほか〕

もう表紙が面白いじゃないですか。

2004年の経営者像ってまだ、精神的マッチョな社長のイメージが強かったんでしょうかね。

釣りバカ日誌みたいなフォントに難しい顔をしてるひろゆきさん、これは面白いですよ。

今みたいな人生論の本というよりも技術的な部分に寄っている本ですね。(トラックバック好きだなぁ)

2ちゃんねるで学ぶ著作権

目次 

第1章 著作権の基礎―顔文字は著作物か(鳥獣戯画の著作権を横取りする方法
2ちゃんねるの書き込みはだれの著作物? ほか)
第2章 「2ちゃんねる発」コンテンツと著作権―まとめサイトは電車男の著作権を侵害しているか(「引用」なのでログ使用料は払えません
「まとめサイト」は複製権の侵害 ほか)
第3章 コピー&ペーストはどこまで合法か―2ちゃんねるに流入するコンテンツの著作権(ニュース記事の転載で「1」を逮捕
違法サイトへのリンクは「書き方」によっては合法 ほか)
第4章 「それって合法?」身近な法律問題―2ちゃんねるで話題になる法の解釈(違法なオフ会、合法なオフ会
PSPは18禁)
第5章 不正利用に強い利用規約―2ちゃんねるの「ただ乗り」に対抗するには?(2ちゃんねるはひろゆきのものなのか?
2ちゃんねるの規約を変更しよう!)

本の帯がコレ面白いですよね、「ブログやウェブサイトが訴えられないためには」。

ひろゆきさん、この本が出版される3年前(2003年)にはもう訴えられてましたから著作権に敏感なんでしょうね。

2ch関連の裁判が立て続いた結果、「モノを持ってもどうせ持っていかれる」という状況になり必然的にミニマリストに。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

目次 

[1.0]:まずは結論
[2.0]:ITのウソ
[3.0]:明るい未来への誤解を解く
[4.0]:対談 佐々木俊尚×ひろゆき
[5.0]:間違いだらけの法律
[6.0]:メディアと2ちゃんねる
[7.0]:対談 小飼弾×ひろゆき

(もうなんか目次から不穏な雰囲気が漂ってる・・・)

散々、製作者のひろゆきさんが訴訟されて社会問題に何度も発展したのに、なぜか潰れてないのは不思議です。

この間もヒカルさんVALU騒動で2ch民が法律に反する行為を散々やってましたし、それでもサイト閉鎖に追い込まれないのは何ででしょうかね。

僕が2ちゃんねるを捨てた理由

目次

第一章2ちゃんねる譲渡

僕が2ちゃんねるを手放した理由

シンガポールは理想国家?!

2ちゃんねる譲渡は無料だって誰が言った?!

第二章大いなる勘違い

クラウドコンピューティング≒Web2.0の法則

「Web2.0」の本当の意味

間違ったCGMで集合知はパー

進み過ぎた技術力は世界マーケットではKY

携帯電話がゲーム市場を食い荒らす

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか』の出版2年後、ひろゆきさん2ちゃんねるを捨ててます。

2009年に出された本ですが、ゲーム市場に携帯が入ってくることに危機感を覚えてるあたり、さすがですね。

2000年代後半は、2chについての本を多く出版しています。

ホリエモン×ひろゆき 語り尽くした本音の12時間「なんかヘンだよね・・・」

目次 

第1章 格差社会
第2章 政治・裁判・税金
第3章 メディア
第4章 教育
第5章 IT
第6章 食とオンナとオシャレとお金

ひろゆきさん、この頃から技術よりの本から人生哲学を考える本の方もボチボチ書くようになりました。

「なんかヘンだよね」は、(続編が出た影響もありますが)個人的にはいまだに色んなところで聞くので息の長い本という印象です。

嫁のメシがまずい!

目次 

「味噌汁」
「肉じゃが」
「カレー」
「手作り弁当」
「パスタ」
「ハンバーグ」
「チャーハン」
「餃子・春巻き」
「焼き魚」
「煮物(和風)」〔ほか〕

ひろゆきさんは協力という形で携わっています。

壊滅的な料理をつくる嫁たちの話で、2chでよく使われる「メシマズ」にかけて出版したんでしょうね。

そこまで言うか!

目次

インターネットは規制すべき?

ITは世の中を良くする?

お金があれば幸せ?

日本文化は素晴らしい?

起業と就職、どちらがいい?

ひろゆき×ホリエモン×勝間和代、となかなかのラインナップですよ。三銃士が揃った!という印象です。

頭が恐ろしくキレる3人なんで、まぁ絶対面白いでしょう。

2010年に書かれた本なんですけど、今でも新鮮味のある一冊です。

オンナは苦手

プロローグ【第1部】

第1章 ファーストコンタクト

第2章 ひろゆき、自衛隊について聞く

第3章 田母神、日本の左傾化と弱体化について語る

第4章 田母神とひろゆきのコミュニケーション術

第5章 日本のマスコミ、教育、政治について

第6章 田母神とひろゆきの素顔に迫る

第7章 日本と日本人について

プロローグ【第2部】

第8章 ひろゆき、ふたたび自衛隊について聞く

第9章 機密保持と諜報組織について

第10章 民間軍事会社と外人部隊

第11章 知られざる自衛隊の実態

第12章 政治経済と軍事の関係

第13章 戦争と核兵器について

第14章 田母神とひろゆき、愛について語る!?

第15章 天皇制と憲法9条 第16章 ふたりでできることって、何だろう?

エピローグ 巻末付録 ひろゆきの本音

ひろゆきさん、田母神先生ともコラボしてるんですね。

しかも、『オンナは苦手』というタイトルに反して、かなり真面目に政治を語ってるんですよね。

しかし2010年は共著が本当に多い印象です、これだけ色んな言論人と話していたら頭良くなりますよねそりゃ。

ソーシャルメディア絶対安全マニュアル

ソーシャルメディアのここが危ないPart1

(スペシャル対談)ひろゆき×はまちゃ「ハッカーはここまで暴ける」

ソーシャルメディアのここが危ないPart2

実践ソーシャル事件簿1~10

これだけはやっておこう!ソーシャルメディア安全設定ガイド

散々トラブルに巻き込まれまくったひろゆきさんだからこそ、経験則からこういう本が書けるのかも知れません。

表紙からネタっぽい感じが出てますけど、ハッカーの心理や顔出しリスク、訴訟リスクなど真面目なことについても多く書いています。

また実際にあったソーシャル事件をコラム形式で10例ほど載せており、SNSの危険性が漠然とじゃなく、具体的に分かるよう工夫をしています。

ホリエモン×ひろゆき やっぱり変だよね~常識を疑えば未来が開ける~

【目次】
第1章「働き方・教育」のヘン
第2章「健康・食」のヘン
第3章「メディア・スポーツ」のヘン
第4章「IT」のヘン
第5章「事件・若者文化」のヘン
第6章「政治」のヘン
第7章「経済」のヘン

2009年に出版された『なんか変だよね』の続編ですね。

ホリエモンとの共著が本当に多く、本当に仲いいんだな~って印象が強いです。

この本僕も読んだのですが対話形式になっていたのでサクっと読めましたね。

ただ、サクッと読めすぎて本を読みなれてる人には肩透かしになるかもしれません。

無敵の思考

序章 そもそもの「ルール」論
第1章 これだけで幸せになれる「考え方」のルール(何事も最初は「仮説」を立てる
「年上」の言うことは聞いておく
「根拠のない自信」を持つ ほか)
第2章 これだけで勝てる「能力と仕事」のルール(「記憶力」を気にしない
仕事の「選び方」を間違えない
「好きすぎること」で食わない ほか)
第3章 これだけで損しない「お金」のルール(「金銭感覚」を保っておく
「プレゼン力」で物を手に入れる
お金で「問題解決」をしない ほか)
終章 二極化の未来に備えよう

ひろゆきさんとコスパは切っても切り離せない言葉だと思います。

この本の何が「無敵」なのかというと、内容を実践すれば少ない労力で生きていけることなんですよね。

「人生に論破されない」とついてますけど、そもそも論に発展しないためのいなし方だったり、また無駄な行動を極力抑えるためのライフハック術が描かれてあります。

まとめ

2009年くらいまで技術的な話に焦点を置いていたのですが、それ以降はどちらかというと人生哲学の方面の本が多くなった印象。

また、ひろゆき氏の本に限らず本好きの方は月額980円で月20万冊が読み放題になるKinleUnlimitedに加入することをオススメします。

紙、Kindleで一冊ずつ購入するより格段にコスパが高いです。

ひろゆき氏、ニコニコ動画の生放送でラジオ配信してるのですが、作業中にボーっと流すだけで分かりやすい語り口で政治・経済の知識が身につくのでオススメです。