ユニークTライフログ

イマをハックする

マドカ・ジャスミンさんの出張ホスト体験談がもはや官能小説だった

スポンサーリンク

前書き

お昼に、はなまるうどんの天ぷら並を食べながらスマホを弄っていたら、ツイッターのタイムラインに『21歳の女が出張ホストで初めて男を金で買った話後編』がリンクと共にフワフワ流れて来ました。

「マドジャスさんの新作なんだ、ちょっと見てみるか」くらいの軽いノリでリンク先に飛んだら思いのほか面白く、もう想像は付くと思いますけど天ぷらがだいぶ悲惨なことになっていました。

麺類と長編ストーリーの相性は良くないですね。

 

マドジャスさんの出張ホスト経験談が内容濃くて面白かった

f:id:tetrisotoko777:20170823144359j:plain

皆さんはマドカ・ジャスミンさんという渋谷でスク水したり、バーの店長やったりと破天荒な21歳の女の子を知ってますか?

twitter.com

彼女はブロガーでもあるんですけど、今回は出張ホストを呼んだ生々しい記事を書いていて、それが凄く面白かったんですよね。

しかも、よくある1500文字くらいの小話とかじゃなくって、前編~中編~後編の3つに渡って書いています。

もはやブログというより官能小説に近い勢いです。

記事の紹介

lineblog.me

まず、前編は出張ホストを呼ぶまでの経緯や、ホストとのファーストコンタクトの話です。

lineblog.me

次に中編、こちらは後編への橋渡し的な記事で、出張ホストと距離が近くなっていく感情の盛り上がりが書かれています。

冷静なホストに対し欲求が加速度的に増幅する描写が特に生々しく、読み進めていくうちにドーパミンが溢れてくるような内容です。

lineblog.me

そして後編、徐々に盛り上がった中編から、ホストとの行為(≠本番)を身体面・心理面の両方から描写しています。

「21歳の女の子が描く欲望」もそそるものがありますが、対比的なホスト側の冷静なプロ意識も、彼女の欲望をリアルに映す役割を果たしています。

lineblog.me

ラストは後書きです。

3編に渡る記事を書くに至った背景や、他メディア(MTML等)ではなく、個人ブログに載せる上でのマネタイズの難しさ、コンプラとの戦いの葛藤などブロガー活動の側面に加え、polcaを活用した理由、twitterで寄せられた質問の答えが書かれています。

ブロガー活動の話は、ブログでなくても表現活動で自己実現を目指す人であれば誰しも1度は抱えるジレンマだと思います。

僕自身もブログをやってて思うんですけど、自己実現とマネタイズを兼ねるってすげー難しいんですよね。

他では読めない「読める記事」

このブログの何が面白いのかというと、Googleにあまたある、客観的で公平な視座ではなくって、実際に出張ホストを体験した本人の主観がバリバリに込められているんですよ。

ですので、出張ホスト各社の紹介とかホストの長所・短所という点は、ほぼ全く載っておらず、マドジャスさんが体験したリアルそのものを3編に渡って掲載されているんですよね。

広告掲載も無く、またGoogle検索の上位表示を狙った記事というわけでも(おそらく)無く、「出張ホストを呼んだ→私はこう感じた」という濃いリアルのみがそこにあるんです。

この点だけでもかなり「レア」なんですが、出張ホストの体験談はググればチラホラ出てきます。

僕が他じゃ読めないよなーと思ったのが、本人の言葉、本人のフレームワークで書いているのに「読める記事」なんです。

一度はブログなり文章を書いてみたことがある方は分かるかもしれませんが、ある程度は借り物の言葉、既存のフレームワークを使わなきゃ単純に読みづらいんですよ。

マドジャスさんの言葉・マドジャスさんのフレームワークで書かれていて、かつ3編とも「読める記事」というのは、個人的には「すげーな」と思いましたね。

体当たり取材でブロガーの鏡だと思う

この記事の何が凄いかというと、自分の欲求に従って、決して安くない出張ホストを自腹で買ってるんですよね。

だから、体験した自分の感情や普通にググっただけでは出てこない内容(ホストがお金を躊躇無くしまうシーンとか)が書けるんですよ。

例えば、「ニキビ 治し方」とかでググったら似たような記事が無限に出て来て萎えたことありませんか?

あれってヘルス〇ア大学とか今は亡きウェ〇クみたいな信憑性が怪しい記事から、さらに下流のキュレーションが内容をパクッて、それをさらに個人のブロガーがパクッて・・・って無限連鎖講みたいなコトが起こってるからなんです。

対面で取材するよりググった方があらゆるコストは安く抑えられますけど、どちらが読み応えがあるかは明らかですよね。

polcaを使った資金集めが新鮮

300円など少額から資金支援できるpolcaというサービスが最近リリースされたんですが、マドジャスさんはpolcaで支援を募っていました。

polca.jp

さすがに企画のインパクトやαツイッタラーという知名度もあってすぐに目標額は達成したそうです。(支援は継続して募集しています)

資金リスクを減らして上質なコンテンツを作ることが出来る仕組みはホント革命的ですよね。

ただ、AndroidとかPCからでは不具合が起きるんで、そこらへん改善してほしいですね・・・(byAndroidユーザー)