ユニークTライフログ

イマをハックする

youtuberヒカルさんも使った(?)有名な情報商材を買ってもゲーム代くらいしか稼げなかった失敗者の話を聞いてくれ

スポンサーリンク

大学3年の頃に有名な情報商材を買った

f:id:tetrisotoko777:20170822064405p:plain

これは今も完全に自分の中で清算しきれていない話なのですが、僕は大学3年生の頃に情報商材に手を出したことがあるのです。

その情報商材は昔youtuberのヒカルさんも手にしたという噂もある、割かし有名な商材です。

僕が購入した理由ですが、圧倒的な不労所得を手に入れるだとか、秒速で1億稼ぐとかそんな目的ではなく、社会人並みにネットで稼げるノウハウをお金を出しても買いたかったんですよね。

当時はAdsenseどころかアフィリエイトすら名前をサラッと聞いた事くらいしかなくて、情報商材も怪しいという印象こそあったものの、それ以上に教科書的なものが欲しいと思ってたんです。

結構高かったですよ、26000円くらいのものがなんだかんだ割り引かれて19800円に。

さらによく分からない特典もついて、なんか2016年版にアップデートしたとか云々でした。

あぁ、新しいことにも対応しているんだーと思ってポチりました。

何で稼げなかったのか

f:id:tetrisotoko777:20170809055640p:plain

僕が購入した有名な情報商材の教えは、「yahoo知恵袋でトレンドを探し、KP(※キーワードプランナー)で月ごとの検索数を調べ、とにかく書け。そしてAdsenseを貼れ」といったものでした。

情報商材から足を洗った今でも、まぁ方向性としては間違っていないよなーとは思うんですが、大きく稼げる手段では到底無いと言えるでしょう。

というのも、大手まとめサイトが2chからもっと刺激のある文章を持ち込んだりしてますし、他のトレンドフィリエイターも同様にせっせか知恵袋を使っているので競争も激しいからです。

それで月5000円稼げるようになったらA8等に登録しろ、というものでしたが僕は必死こいて月3000くらいしか稼げなくて無理でした。

このくらいしか稼げなかった理由は、上記にような個人ブログ‐大手2chまとめ等の構造的な問題と、単純に芸能人に興味もあんまり無い上に、作業がホント面白くなかったから続かなかったのです。

※KP…言葉が月ごとにどれくらい検索されているのか調べる道具

例:ヒカキン…100,0000/月

金だけじゃなく時間も無駄にした

f:id:tetrisotoko777:20170811030738j:plain

数か月間続けて、トータルで20000円ちょい稼げたので商材代は取り戻せたのですが、若い時間を投資した割にリターンの金額には明らかに見合ってないんです。

思い返すと、煽り文句も典型的な情報弱者をカモにするヤツで、情弱だったなー馬鹿だったなーとは思うんですが、失った時間を考えると後悔してもしきれないです。

けど僕はある意味、この商材を買った分の金額程度は取り戻せましたし、情報商材界隈の宗教的な雰囲気から抜け出せたので、まだ幸福だと思います。

なんせ、情報商材を購入した人が登録できるLINE@から、高額塾入会の催促がせっせと届いていたのですから・・・

あれ商材で稼げていない人向けに催促していたんですが、50万くらいしてましたし非常に恐ろしいです。

まぁ僕は入会しなかったので何とも言えないですが、仮に良質な高額塾だったら、タイムラインの投稿に「いいね」が3程度しかつかないのは変でしょう。

(というわけで、商材の質も言わずもがな、ですね。)

情報商材を取り巻く雰囲気、カルトみたいだった

f:id:tetrisotoko777:20170730214342j:plain

情報商材ってPDFで教科書的なものを渡されて「これで頑張ってな。じゃあ」みたいな、大学受験の参考書的な役割だけかと思いきやちょっと違うんですね。

実は結構インタラクティブで、youtubeでwebセミナーを時々開いて、そこのコメント欄で情報商材の製作者や他の購入者とやり取りできるし、先述のLINE@でアフィリエイト日記的なものを送るように催促されます。

そういうのに1度だけでも参加すると、情報商材を取り巻く環境みたいな部分が見えてくるのですよね。

どこの情報商材も同じかは分かりませんが、僕が購入したやつだと10億とかの単位で圧倒的に稼げる教祖的な人の周りに、5000万~1億稼げる側近みたいなのがついていました。

側近は教祖を褒めたたえ、中途半端な立場の人は側近を褒めたたえ、うだつが全く上がらない層はわちゃわちゃしています。

ポケモンの、チャンピョン→四天王→ジムリーダーそして盛り上がる観客、みたいな構図を思い浮かべると近いと思います。

ただ、この情報商材屋はLINEのタイムラインで「いいね」が3程度しかついていないので、中~長期的な人心掌握が下手くそともいえるでしょう。

しかし、新参向けのwebセミナーではコメント欄も活性で、「〇〇さんキターーー」とか「〇〇さんかっこいい!」みたいな芸能人を称えるような、当時のある意味洗脳されていた僕から見ても引いてしまう雰囲気でした。

そしてチャンピョンをはじめとした成功者が初心者に贈るアドバイスはいつも同じでした。

「トレンドとなっている事象を書いた記事にAdsenseを貼るのが正義で、これを続ければ稼げるようになる。リーマンなんてばからしい。成功しないのは商材通りにしていないか、あるいはメンタルセットが間違っているからだ。」

今思い返してみると、一見筋が通っているように見えて、肝心の稼げるまでの過程は中身が全く無くて笑っちゃいますね。

ただ気分を高揚させるのだけは恐ろしく上手い

こんなもん誰が買うの?w(大事です)

f:id:tetrisotoko777:20170822065254p:plain

煽り口調の変な見出しですが「はい、それは僕です」という自虐的な意味合いだけではないんですよね。(この見出しを見せるため大した文章量でもないのに目次をつけました。笑)

情報商材なんて買う人は情弱で、根性も無く、馬鹿という印象と思われる人も多いのではないでしょうか。

僕は実際に買って、また周りにも情報商材にハマっている人がいて、そういう人達を眺めて認識がちょっと変わったんですよね。

僕の周りの特徴を挙げるとこんな感じです。

  • 独立志向がやたら強い
  • 思い込みが激しい
  • 頭はキレる方

僕自身にも当てはまる部分はあるのですが、周囲の商材を購入した人もこういう特徴がありました。

弱者というよりもむしろ「他の根性無くて情報にも疎いやつと俺は違うんだ」という自信があったようにみえました

一般的な認識像と、実際の購入者は微妙に違うのです。

もちろん、情報商材の購入者の中には一般的な認識像まんまの人もいるでしょう。

そういえば新宿のドトールで、40は過ぎているであろう痩せこけたおじさんが高額塾の説明を受けているのを聞いた事があります。

しかし、少なくとも僕の周りでは、人生で何も成し遂げていない人というよりも、何かに挑戦して賞賛を得た経験がある人も商材を買って、そして未だに成功していない人がちらほらいます。

先ほどの「そういう人たち」は3つの特徴に加えて、さらに似たような傾向性があります。

それは「テレビの情報は都合が良いように編集されたもの」だから観なくて、ネットに書かれてある公平(なように見える)口コミや実力のある人の意見を拾い集めているという傾向です。

ネットの情報ですが、例えば僕の購入した情報商材も実は購入者の口コミは悪くなかったんですよ。

情報商材界隈を調べ回っていたのですが、どの自称成功者も副業の達人みたいな人も、某有名情報商材は素晴らしいと褒めていました。

つい最近になって、その情報商材がアフィリエイトプログラムの1つになっていること知りました

アフィリエイトプログラムとは、サイトに広告を貼って購入したらサイト運営者にお金が入るプログラムのことです。

ネットで詳しい情報を親切に教える人は、何か背後に目的があります。

一律にネットの情報や広告が悪とは言いませんけど、デスクトップに映る情報だけでなく背後の目的を冷静に観察する癖は身に着けておいて損は無いでしょう。

また、これは仮説ですが、成功者の表面的な話をなぞるだけでは知的好奇心を満たせたり高揚感は得られるかもしれないですけど、特に本質的なことは身につかないんじゃないか、と考えています。

(自己啓発本を好んで読む人はちょっと危ないんじゃないかな・・・)

ヒカルさんの過去の経歴から商材ブームみたいなのがにわかに起こっていることもあり、失敗者の意見を書いときました。