ユニークTライフログ

イマをハックする

実は隠れて人気な「ケータイ小説」というジャンル

 

 

僕が制服着てた頃に流行った「ケータイ小説」

f:id:tetrisotoko777:20170812153013j:plain

僕が制服を着てた頃、RADWIMPSの「セツナレンサ」とか家入レオの「サブリナ」とかが誰かしらカラオケで歌ってた時代でした。

 

セツナレンサ

セツナレンサ

  • RADWIMPS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

僕は、中3~高2くらいにかけてモバゲータウンで「王様ゲーム」を読んでこそいたものの、ケータイ小説専門サイトってどうも見る気がしなかったんですよ。

…なんというか、とんでもなくディープな世界が広がっているような気がした。

ただ、やっぱ当時のギークな友達はケータイ小説にドップリハマっていたりして、その世界がそれなりの規模を持っていることには気づいてました。

それが今でも残っていて、しかも有名ケータイ小説サイト『魔法のiランド』は15億PV/月を誇っていると聞いたときは流石にびっくりした。

wezz-y.com

この記事も、「ケータイ小説はまだ残っていて…」じゃなくて、残っているのは当然の話で、最近のケータイ小説界のトレンドを軸に語っています。

不穏な話題がたくさん笑

f:id:tetrisotoko777:20170812153148j:plain

この記事をパッと見るだけでも、わんさか不穏な単語が登場します。

記事を観ると、さらにディープな世界のディープな内容を掘り下げていて「oh...」という気分になります。笑

というか、サブリナがテレビで流れていた当時に僕がビビっと来た直観「あ、ケータイ小説って絶対ディープな世界やん」はやっぱ当たってたんですね。

今のブームは「暴走族、姫、溺愛」だそうですが、昔は「切ない実話」系が盛り上がっていたんだそうです。

「切ない実話」系も、キラッキラのそれじゃなく、なんか単語を耳にいれるだけでお腹がキリキリと痛くなるような内容っぽいです。

そういや『恋空』もケータイ小説だった

f:id:tetrisotoko777:20170812153337j:plain

出典:恋空

2007年頃にめっちゃくちゃヒット飛ばした『恋空』って覚えてますか?

(僕の記憶は『恋空』と『時をかける少女』がごっちゃになっています)

あの小説の原作こそ、魔法のiランドで産み出されたものだったんですよね。

そう考えると、今でも魔法のiランドが15億PV/月というトンデモない数値を叩き出しているのも分かる。。

まとめ

ケータイ小説、魔法のiランドという言葉は数年ぶりに聞いたんですけど、この文化が未だにずっと存続していていて、さらに今も15億PV/月を誇るヒットメディアという事実に驚きました。

知らないだけで、大きな世界が広がってることってあるんですね、いやぁ世の中は深い

※こっちはこっちでディープな世界。

実は1PVあたりの単価はニコニコの方が高かったりする

日本最大級の動画サイト【niconico】