ユニークTライフログ

イマをハックする

ブロガーは、マーケターかつセールスライターで、そんでネットに詳しい人と思った話

スポンサーリンク

 

前書き

最近「ブロガー」について考えていたので、そのことについて書いていこうと思います。

記事をある程度書き終わったあとで気づいたのですが、「ブロガー」って人によって指す意味が全く違っているんですよね。

  • 自己実現のためだけ
  • 完全な商業(アフィリエイター?)
  • 自己実現×商業
  • メモ帳

etc

僕が「ブロガー」について考えるきっかけになったのは、自己実現と商業を両立するプロブロガーでした。

ですので、今回の「ブロガー」は自己実現と商業の両方を目指す人を意味しています。

 

ブロガー=マーケター+セールスライターなんじゃないか…って思った

f:id:tetrisotoko777:20170713171821j:plain

つい最近、ラーメンを食べている最中にハッと気づいた話です。

で、事実かどうかは分かりません、感です()

まず、ブロガーって大きく趣味/商用で分かれると思います。

とりあえず趣味ブロガーの方は置いておいて、商用でブログ書いてる方は要素をザックリ分解するとマーケター+セールスライターになるんじゃないか、とラーメンを食べている途中で思ったんです。

というのも、まず換金を目的に置く以上は「お客さん(読み手)の望むものは何か」を正確に捉えて、「何か」から逆算して記事を書かなきゃ収益に結びつかないと思ったからです。

プレファレンス(好み)を第一に考えるということですね。

 

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

 

 

(もっというと、市場の規模と商品の質と量、またGoogleというプラットフォームに乗せる以上Googleの好むことも考慮しなきゃいけないと考えています。)

そして、お客さんが望むものを把握しても、特にブログを通じて紹介する場合はセールスレターの技術が必要でしょう。

…ということに、つい最近になって気づきました。

これを読んでる皆さんは「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれません。

実際、至極当たり前なんです。

しかし、恥ずかしながら僕はその事実「ブロガー=マーケター+セールスライター」に最近まで気づいていなかったんです。

(なんでこんな当然の事実に気づかなかったんだろうか…)と不思議に思っていたんですが、ぼんやりと原因が分かってきました。

僕は「ブロガー」という新しい概念をそのまま飲み込んで、マーケターでもセールスライターとも違うカテゴリーに分類していたんですよ。

この自分の解釈と事実のズレに気づいたときは、なんか笑っちゃいましたね。

ブロガーは既存の概念にネットを加えたから特殊に見える

f:id:tetrisotoko777:20170808022225j:plain

このように、僕のなかでブロガーの正体がマーケター+セールスライターという既存の要素に分解できたら、「なんだよ、ブロガーって別に新しくないじゃん」と思うようになったんです。

ただ、ブロガーが全く新しい特別な概念のように見えるのは、ネットによって個人の発信力がとんでもなく膨れ上がった特殊性によるものでしょう。

先ほどはマーケター+セールスライターと分解しましたが、普通は大きな金額とコネを使わなければ載せることができない広告の役割も果たすことができます。

改めて考えるとホント恐ろしいですね。

複数人の人間+広告業界へのコネクションが必要だった世界を、ものの見事にぶっ壊して1人で完結できる仕事にしたわけですから…。

僕がブロガーという仕事に対して「黒船来航」のような強烈な特殊性を感じたのは、このデスクトップからは見えない衝撃を肌で感じたからだと思います。

売れるブロガーになるにはマーケティング勉強した方がよくないか?

f:id:tetrisotoko777:20170808021749j:plain

恐らく「ブログを書くことがお金に繋がる」と肌で感じたり、また人から「新しい美味い話がある」と聞いたことがある人は、「ブロガー」そのものを勉強しようと考えるのではないでしょうか。

…というのも、僕がそうだったんですよね。

ブロガーという新しい(ように見える)概念、副業という言葉、情報商材アフィリエイトがペタペタ貼ってあるブログの「パソコン1台で楽して稼げる」、目をキラキラさせて高額セミナーに足繫く通う先輩…。

これらの情報が僕の中をエグイ速度で通り抜けたとき、僕もまた「ブログって特別で、ブログで稼げるようになるには何か特別な訓練をする必要があるんだ」と思うようになりました。

 けど、ブロガーの正体ってマーケターかつセールスライターなので、「ブロガー」についての勉強をするのは微妙な気がします。

市場の規模感を把握して見込みPV数やCV率を算出するマーケティングの勉強や、お客さんの脳を揺らすセールスレターの書き方、CVまでの導線の作り方を勉強したほうが良くないですかね。

要は、「ブログで稼ぐ」的な情報商材や妙なセミナー、精神論ベースの「とにかく書け」みたいな意見ってあまり参考になんないんじゃないか、ということです。

…まぁ、僕自身が売れていないから仮定法で話すしかないんですけどね。

ちなみに、僕も有名な商材買ったことありますし、先輩に連れられてセミナーいったことあるんですよ。

有名な商材は「とにかく書いてアドセンス貼れ。書き慣れたらアフィリエイトやれ」を10倍くらいに引き延ばした内容でした。

またセミナーにいたっては生徒が高額塾に入ったらCBで3割くらい貰えるアレで、「詐欺力」以外特に身に付きそうもなかったです。

事実、塾に入ってる先輩は今も売れてない。笑

最近急速に感じてきた数学の必要性(勉強します)

f:id:tetrisotoko777:20170812002806j:plain

 セールスライターとしての能力は、それはそれで様々な要素が混在しているので能力を付けるのは大変ですが、それ以上にブログで一旗あげるにはマーケティング能力を基礎づける数学の必要性を感じてきました。

まだ、説明がしっかりできるほど数学が出来ていないので後々追記すると思いますが、数学的な考え方で見込みPV数や見込みCV率を算出してから記事を書くのと、当てずっぽうで記事を書くのでは全然違う結果になると考えています。

(というか、そこらへん計算せずに書いたら時間を使ったパチンコでは…)

理想としては『今日はヒトデ祭りだぞ』的な稼ぎ方をしたいですし、それこそ「狙った通りにPV数が取れる」ようなマーケティングの腕を磨きたい。

ただ、見込みPV数であったりCV数を算出するには確率・数列の考え方が必要っぽく、僕には欠けている部分なんですよね。

セールスレターを書く能力があったとしても、土台にマーケティング能力が無ければ、闇の中でひたすらバットを振り続けるマネをしなければならない。

そんなん、誰でも精神おかしくなる笑

というわけで、坂田アキラ先生の確率と数列の入門書を買いました。

坂田アキラ先生の確率 

 坂田アキラ先生の数列

改訂版 坂田アキラの 数列が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

改訂版 坂田アキラの 数列が面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

 

 

 流通に乗せる、を意識する(勉強します2)

f:id:tetrisotoko777:20170812003233j:plain

これも、前提としてマーケティング能力(こう表現すると怪しい響きになってやだな)が前提なんですが、Googleというプラットホームに気に入られる記事を書かないと上位表示できないわけですよ。

ブロガーの最大の特殊性ってココだと思いまして、従来のマーケターやセールスレターは流通に乗せるために金とコネを使えば解決したのですが、ブロガーは基本的にそうはいかないです。

だからSEO上位表示の教材が流行っていて、ブラックやらホワイトやら、なんちゃらアップデートが話題になるんですが、とにかくプラットホームに好かれるように書かなければ、そもそも営業活動が出来ない…。

この「プラットフォームに好かれる」というのが曲者で、まず「お客さんは新しく書かれた記事にどの程度目に触れる機会があるのか」すらよく分からないんです。

お客さんが見に来なければ、どんなに良い記事を書いてもブログが評価されるわけもないのですが、Googleがそんな「新参は太刀打ちできない」事態を見過ごすとは思えないし…。

ドメインパワーの強さ・検索クエリに応えきれているか、によってブログの評価が決まっていき表示順位が決定されていく、とは考えていますが不透明な部分が多いですね。

  • ドメインパワーが強い=Googleから見たブログの評価が高い
  • 検索クエリ=検索欄に打ち込んだ人が求める情報

この流通への乗せ方がいまいちブラックボックスなのが、ブログの恐ろしいところだと思いますね。

しかも頻繁にアップデートあって順位変動起こるし、安心して人生かけられない。笑

ブログは自己実現の道具となりえるのか

f:id:tetrisotoko777:20170812003436j:plain

 

僕が「ブロガー」という概念を聞いたとき、マネタイズ(金稼ぎ)と自己実現が同時にできる画期的な職業だと思ったんですよね。

最初は 「自分の書きたいことを書いて、Adsense広告をペタっと貼ればお金が勝手に入ってくる」みたいなイメージを持っていました。

マネタイズと自己実現を同時にするために、鬱々とした記事を大量更新していましたが…そんなん誰も読みたくなかった。笑

分かったのが、広告のクリックに結び付くような魅力的な言葉が無くてもクリックする人ってだいぶ少ないし、そもそも極端に自分のことだけを考えた記事は上位表示されない

一般的に、Adsense広告の換金額は1PVあたり0.2円と言われいるので、一般人の生活が出来る20万円を稼ごうと思うと100万PV/月は欲しいですよね。

100万PV/月は社会の需要と自己実現欲求の方向性がよっぽど重なり合っていないと厳しい気はします。(完全に無理では無いですが…)

だから、自分が興味を持つなり、既に使っていて利便性を感じているアフィリエイト商品の魅力を存分に語るとか、社会と接点を持った自己実現欲求を満たすためにブログをやる…みたいな考え方の工夫をする必要はある気はしているんですよね。

ただ、もしかしたら好きなように書き殴ってAdsense広告貼って生活できるレベルの金額稼いでる人っているのかもしれない…知らないけど、世の中は広い

まとめ

f:id:tetrisotoko777:20170812003815j:plain

今回の記事で、PVが取れるとはあまり思わないんですが、普段の自分の考えをまとめるいいきっかけにはなりましたね。

※ただ僕自身は売れっ子ブロガーでも何でも無いんで、ホントただの「考察」ってだけの記事なんですが。。。

僕自身「ブログでマネタイズ×自己実現できたらいいな」と思っているワナビーの1人で、だから「ブロガー」については常々考えていました。

「ブロガー」については、色眼鏡でみている意見がブロガー側からも非ブロガーからも飛び交っていますが、個人的には要素を分解すると「マーケター・セールスライターという職にネットがくっついた」ってだけだと思っています。笑

マーケティング、セールスライター、加えてGoogle上位表示の勉強もするんで、言葉の軽さ以上に大変な仕事とは思いますね…。

 割と最近登場したスマホ向けの広告です。クリックで公式サイトに飛びます。

※登録無料です