ユニークTライフログ

イマをハックする

ヒカル×マックスむらいの動画が感動的だった【AppBank】

 

 

ヒカルとマックスむらいのコラボに感動

マックスむらい(AppBank)の過去と今、全ての闇を包み隠さず暴き公開します - YouTube

※クリックしたら動画に飛びます

youtuberとしては異例の43分もの動画、一瞬たりとも目を離さず展開にワクワクしながらじっと見ていました。

youtuberとしては日本トップの伸び率を爆走しているヒカルと、反対に登録者数が減っていっているマックスむらいの異色コラボ。

新鮮味が無いわけないし、マックスむらいのこれまでの軌跡、アフィリエイト成功→youtubeでモンスト動画でさらに躍進→会社上場→横領事件発生→下り坂へ

というドラマの筋書きのような人生がとても濃かったです。

マックスむらいは時代の流れに乗った敏腕実業家だった

f:id:tetrisotoko777:20170808020636j:plain

出典:twitterマックスむらい(@entrypostman)

今でこそ、「オワコン」「むらいルート(※youtuberとして人気が無くなっていく道筋を意味する)」と呼ばれているマックスむらいさんですが、実は時代の流れを読んで動く軍師みたいな人です。

2008年の頃には、もうPCからiPhoneに移行することを見越して「この小さな画面の中で勝負をする時代だ」と判断し動いていたそうです。

そしてアフィリエイトに取り組み、当時は参入者もほとんどいなかったために、これが非常に儲かった

そしてアフィリエイトの旨味が無くなっていくと、すぐさまスマホゲームの領域へと進出

そしてパズル&ドラゴンズがリリース

マックスむらいを象徴するゲームとなり、止まらない勢いのままに走って上場

この一連の動きは偶然で当たったものでは無く、時代を読み実践を重ねて影響力の幅を広げて剛腕で上場まで持って行ったのだから凄い

マックスむらいさんが勝ち上がるまでの、当時の時代の流れ、アフィリエイト全盛期~モンストで大きく勝ち上がるまでの、アプリ競争やスマホゲームの台頭までの道筋を克明に説明していてめちゃくちゃ面白かった。

youtubeに会社として初めて取り組んだ人

f:id:tetrisotoko777:20170808021749j:plain

youtubeをよく見ている人であれば、「youtubeをビジネスとして取り組む」ってセリフはヒカルさんのことだと認識するんでしょうけど、実は初めて取り組んだ人はマックスむらいさんなんです

僕も今回の動画を見てハッと気づきました。

この人、時代の先端のさらに先端を行ってたんだ。。

実際にヒカルさんもマックスむらいさんをyoutuberではなく1人の敏腕ビジネスマンとして見ていたそうです。

実際に、youtubeの動画も他のブログやAppBankのサイトと相互作用を働き掛けるように投稿していました。

youtube単体でも利益は出るが、他のAppBankの商品や他サイトにも注目がいくように走りながら計画を立ててビジネスモデルを構築していきました。

動画内で、ホワイトボードに書かれていくyoutubeを中心としたビジネスモデルの円は芸術のようでしたね。

従業員の横領事件

f:id:tetrisotoko777:20170808021938j:plain

AppBankの栄光を全てひっくり返してしまったのが、この事件でした。

「従業員がAppBankで得た利益をキャバクラに使ってしまった」という笑い話のような、とてもよくありそうなもの。

ただ、上場直後というタイミング、また当然のようにマイナスイメージがついてしまい、何をしても揚げ足を取られる最悪な状態へと入っていきます。

そして、怖いことに今でも続いているのです。

事件の当時は「マックスむらいバッシング」が目立って、また「横領事件」というありがちな事件だったために、僕は何の気なしに見ていたんですけど、

改めて真剣に考えると、思わぬところでハシゴを外されるってすごく怖いなとゾッとしましたね。

新しいビジネスモデル

f:id:tetrisotoko777:20170808022225j:plain

そしてマックスむらいさんはyoutubeから(動画は投稿しているものの)少し離れて、新しいビジネスモデルを開拓しにいっています。

少し思ったのですが、株主がいて、従業員を抱えている以上、走り続けなければいけないのは経営者のエグイところですよね。

そのビジネスモデルが麻雀漫画

『麻雀ツモツモ』

麻雀は『麻雀ツモツモ』と呼ばれるゲームアプリで、従来の麻雀とは違って縦型なんだそうです。

tsumotsumo.net

マックスむらいさんいわく、「スマホゲームはタテでやるものなのに、既存の麻雀ゲームはすべてヨコ。タテ型にすればUIがあがるのではないか」と着想したそうです。

また、このアプリが大ヒットすることは見越していなくて、『麻雀ツモツモ』を軸に皆が楽しんでくれる他のサービスを展開することを考えているのだそうです。

『Denesy』

漫画は『Denesy』と呼ばれるサイトで、無料で漫画の紹介をするとともに無料で漫画をリリースしているんだそうです。

http://www.denesy.jp/

こっちは結構良い感じで、さらにヒカルさんが漫画で登場するらしいので、よりガッと盛り上がるんでしょうね。

「あなたのしたこと、忘れてませんよ」

f:id:tetrisotoko777:20170808022921j:plain

このセリフはシバターさんが登録者数50万人いったとき、祝電を集めるイベントをしたんですけど、その際にマックスむらいさんが送った言葉です。

この言葉はタイミングも相まって様々な憶測を呼び、結局のところ真相は謎のままだったんですが、動画内で明らかになりました

シバターさんがマックスむらいさんの横領事件を動画でネタにしたことがきっかけだったみたいですね。

しかも横領事件が起こり、マックスむらいさんが一番火の粉を浴びている時期に、あることないこと動画で語ったので、「この人とはやっていけないな」と思ったんだそうです。

今回のヒカルさんとマックスむらいさんのコラボ動画が上がった後で、シバターさんのチャンネルがかなり炎上していました。

まぁ面白味の無い言い方は承知ですが、2人がどういう関係性で、またシバターさんがどういう意図であの動画を撮ったのか本人たちしか知りえないところですので、マックスむらいさん側だけの動画で色々判断するのはどうかとは思いましたね。

まとめ

f:id:tetrisotoko777:20170808024537j:plain

43分という長い時間の動画でしたが、ずっと見ていられるほど中身が濃かったです

マックスむらいさんの軌跡、またその間のアフィリエイト、怪盗ロワイヤルをはじめとした各種スマホゲームの栄枯盛衰が半端なく面白かったです。

あと、マックスむらいさんの話が上手すぎました

ヒカルさんが完全に聞き手に回っても延々と聞き続けていられる話術でした。

おまけ

AppBankでは、スマホグッズやガジェットを多く売り出しています

フリーザーの絵が描かれたカッコいいモバイルバッテリーや、マックスむらいさんが描かれた面白い保護フィルムなど、Amazonでは見つからないような商品が目白押しです。

ぜひ開いてみてください!!(画像をクリックするとAppBank公式サイトに飛びます)